プロフィール

たつきち

Author:たつきち
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

読書カレンダー

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

楽天トラベル

QRコード

QRコード

楽天市場

OVA SEX PISTOLES

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【CD】ひめやかな殉情


原作 崎谷はるひ  イラスト 蓮川愛

<CAST>
小山 臣 神谷浩史
秀島慈英 三木眞一郎
三島慈彦 関俊彦
秀島照映 風間勇刀

【あらすじ】
刑事の小山臣が新進気鋭の画家・秀島慈英と恋人同士になって4年、
同棲を始めて1年が過ぎた。
幸せではあるが、画家としての地位を確立していく年下の恋人に、
自信を持てない臣。
そんな二人の前に慈英の大学時代の友人・三島が現れ、
慈英につきまとう。
不安を感じる臣だったが……。


はい、前回の【しなやかな熱情】から4年後の話ですね。
どんどん画家として有名になっていく慈英を見ていて
自分は何も成長していないんじゃないかと、
一人でぐるぐるしている臣が可愛いです。
でも相変わらず絡むとエロい。これはピロシのせいか?(笑)
今回はなんといっても三島役の関さんです!!
やっぱり上手いんだなぁー。
慈英っぽく喋るときは、三木さんの真似してるんですが
「臣さん」って呼ぶ声が怖い。似てて。関さん上手いよっ!!
でも臣にはわかるんですよ。「真似てても、あいつとは全然違う」ってね。
さらに怖い関さんの演技は続く。臣を押さえつけて言う台詞。
「彼は・・・俺なんだから。あなただって俺のものでしょう?」
ぎゃー!怖いー!危ない人だー!(;゚Д゚)
だがしかし。
もっと怖い人(慈英)がこのあとに登場!
「・・・何をしてるんですか?」 「臣さん、ただいま」
って、まったく三島が見えてないような会話の慈英。
どうして無視するんだ!と叫ぶ三島に慈英は
「申し訳ないんだが、君は・・・誰なんだ」
ぎょー!ほんとにこの人、臣さん以外見えてなーい!
怖いっ!!めちゃくちゃ怖い!
この後、絡みになるわけですがね。ここでも慈英が怖いったらない。
「臣さんしか・・・いらない。ほかのことはどうでもいい」って、
よくこういう台詞BLにありますけども。
慈英は本当にそうなんですね。執着してるのが臣だけなのです。
怖いですよー。三木眞の演技が光りすぎてて怖いですよー(笑)
そして、前も思ったけど慈英ってHの時ってS入ってないか。
すっごい言葉攻めだと思うのですが(笑)

フリートークは、今回、関さんも入ってのトーク。
面白かったですよー( ̄▽ ̄)ノ
スポンサーサイト

<< ひとりで受け攻めやってみる? | ホーム | 夜通しテニミュ >>


コメント

遅ればせながら

やっと二枚聞けました。
怖くてdisc2へいけませんでした・・・
俊彦さんが怖い、と思ったのははじめてかも。
三木さんはイっちゃうと怖いって『二重螺旋』でおなじみ(笑)なのですが・・・
それにしても恐ろしい作品でした・・・

お疲れ様でした(?)

>ふみまま様
わたくしも最初はあまりの怖さに鳥肌立ちながら聞きましたよ。
本を読んでたときはそれほど怖さを感じなかったのですが
やはり音として入ってくると違いますね。
まあ、関さんが上手いからっていうのもあると思いますが。
声優さんの凄さを改めて知ることができた一枚でした…。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。