プロフィール

たつきち

Author:たつきち
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

読書カレンダー

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

楽天トラベル

QRコード

QRコード

楽天市場

OVA SEX PISTOLES

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【CD】センチメンタル・セクスアリス

 (Atis collection) 2009/02/28
原作 砂原糖子  イラスト ヤマダサクラコ

<CAST>
相原春巳 鈴木達央
真部仙介 安元洋貴
日和佐明 鳥海浩輔

【あらすじ】
モデルの相原春巳には奴隷がいる。
デカくて力持ち、家事もでき、自分の命令をなんでも聞く男。
そんな都合のいい奴隷・真部仙介は、理系大学院生。
春巳とは幼馴染みだ。
高校卒業の時、仙介に告白され
プロポーズのように申し込まれた同居を始めてから4年。
セックスの真似事はしているが、
ホモじゃないから最後まではしない――そんな春巳に仙介は……!?


小説を読んだ時、あまりにも春巳が受け入れられなくて
ドラマCDになるほど人気があるのか?と真剣に考えちゃいました。
友達に感想を聞こうと思って、課題図書(笑)として回したくらいです。
結果、友達もダメだったという…(笑)
普通だったら、ここでサヨウナラとなるはずなんですが、
ドラマCDにチャレンジしてるのは、仙介(安元)×春巳(鈴木)だからです。
わたくしの2008年ベストCD【透過性恋愛装置】のコンビですよっ!
まさにキャスト買い。それ以外のなにものでもない(笑)

で。どうだったかというと。
たっつんが可愛いったら… (*´д`*)
いや、春巳がイラッとするのは変わりないんです。
全てがわかってて聞いていても、ダメなものはダメだ(笑)
同じバカな子でも、「アホ可愛い受け」ではないんですよね、春巳って。
でも、たっつんが仙介を好きだと自覚する前の嫌な奴の部分を
そのまま嫌な感じにすると、まったく可愛らしくなくなるので
ちょっとね、仙介の優しさの上に胡坐かいて甘えてる、
しょうがない子なんですよ~っていうのを表現しようとしてるのがわかるんです。
声だったり喋り方だったり、そういうのでちょっと可愛らしくしてる。
だから小説の時に出せない声でのニュアンスっていうのは
かなり大きな力だなと、声優さんって凄いなぁと改めて思いました。
それでまた、絡みになるととたんにエロくなるギャップが素敵(笑)
仙介に「ずっと一緒にいてくれ」って言われて、
「うん」って4回言うんだけど、全部違うんですよ。これがまた可愛い。
たっつんは、こういう返事とかが妙に可愛いんですよねぇ。

仙介は、あんげんがカッコイイ(*´д`*)
ホントにホントに、いい男なんだ、仙介。
あんげんが途中まで「目を覚ませ、仙介」と思っていたくらい
ダメな子・春巳を、ずっと優しく受け止めてきた男なんです。
いい声だっていうだけでなく、優しいんですよ。
春巳がわかってないだけでかなりモテてるなって思う(笑)
優しく穏やかな低音だからこそ、春巳にキレて
無理矢理やってしまう場面では、怒っててすごく怖いのです。
春巳と一緒に「え…?!」って気持ちになっちゃう。
しかも言葉攻めだぜ。仙介ちょっとS入ってます。
こういう攻めのあんげんは、いい仕事しますぜ…(*´艸`)
でも、最後のラブラブHになったら、やたらと優しい。
聞いてるこっちが恥ずかしいっちゅーねん(笑)

カメラマンで出てくる鳥ちゃんは、いい味出してます。
じたばたしている二人のお子ちゃまを、見守ってる感じ(笑)
春巳を気に入って狙っていたんだけど
仙介への気持ちに気づいたのに、仙介に捨てられそうになって
泣きついてきた春巳を助けてあげたりする、とてもいい人です。
4月には、スピンオフで日和佐の話が発売されましたよ。
メランコリック・リビドー(幻冬舎ルチル文庫)

フリートークは、かなり無茶苦茶( ̄▽ ̄;
そのグダグダっぷりが面白いんですけどね(笑)
男はどうして、何歳になっても下ネタであんなに盛り上がれるのか。

 センチメンタル・セクスアリス(幻冬舎ルチル文庫)
スポンサーサイト

<< お久しぶりな感じ | ホーム | 新妻の秘められた過去 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。