プロフィール

たつきち

Author:たつきち
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

読書カレンダー

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

楽天トラベル

QRコード

QRコード

楽天市場

OVA SEX PISTOLES

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逃げる花嫁のしつけ方

逃げる花嫁のしつけ方 (白泉社花丸文庫 あ 8-1)逃げる花嫁のしつけ方 (白泉社花丸文庫 あ 8-1)
(2008/05/20)
あすか

商品詳細を見る
【あらすじ】
男子のための花嫁学校なんてあるわけ…あるのか!
フランス人の祖母を持つ高校生の佐久間俊弥は、
学校へ向かう途中、突然現れた霧島怜理という美貌の男に連れ去られる。
俊弥は初対面なはずの霧島から
二人は婚約しているのだと聞かされ、契約書まで見せられる。
おまけに、今の学校から俊弥の伯父が経営する英麗学園――通称・花嫁学園に
転入させられるはめに……。
婚約の事実も契約書にあった自筆のサインもまったく身に覚えがないのだが、
俊弥は過去に、一緒にいた両親を亡くすほどの大事故に巻き込まれたことがあって…。


鴇雪ちゃんからの課題図書でございます(笑)
いやぁ…非常に辛い1冊でしたな。こりゃあ花嫁担当の鴇雪ちゃんも辛かろうて。
BLはそもそもファンタジーです。花嫁になる作品もたくさんあるさ。
しかし、いくらなんでも花嫁学校はねえだろ( ̄▽ ̄;

私がダメだった第1の理由は、攻めがハイテンションなことですね。
コメディ方向にテンション高すぎる攻めは引いちゃうんです。
最初から俊弥を好きなのはいいですよ。
でも一応設定として、俊弥の一族に恨みがあるんだったら
最初からラブ全開なのはどうかと思うわけです。葛藤とかねえのかよ。
そしてダメだった第2の理由が、受けの性格。
まあ、BLには典型的なよくいる元気っ子な受けだと思われます。
伯父がとってもこの子を可愛がっててね、二人の仲を邪魔するために
いろいろと妨害工作するんですけど、それがわかったときに
「過保護すぎる」つって、怒って言ってることが、なんか癪に障るというか。
見ていてイラっとしたんです(笑)
受けも攻めもダメって、致命的じゃないか…_| ̄|○

なんというかね、こういう文章やノリの話っていうのは、最近のライトノベルや
携帯小説なんかを好きな世代の子は楽しく読めるのかもしれません。
感覚がそんな感じ。
スポンサーサイト

<< キャスト決定 | ホーム | 君の名は夜満ちる星の吐息 >>


コメント

ダメだろう?

こういう中味スカスカ(←失礼)もとい、ラブ全開って苦手ですわ。
叔父が主人公を溺愛してるのはいい。
これは好み。
で、叔父と攻めが対立。
これも好み。
攻めと受けは幼い頃に約束をしたが、受けは忘れてしまっている。
これも有りだ。
なのに。
なんで条件揃ってるのにダメなんだ?
不思議だ。
条件揃っても内容が・・・・なぁ。
ちゃんと筋通ってて欲しい。
BLに、ライトノベルに求めちゃいかんのかねー(T-T)

>鴇雪ちゃん

うん。ダメだったな(笑)
そんなに悪くない設定が揃っているとは思うんだけど
やっぱりそこらへんはね…
作者の技量なのか(笑)それぞれの好みなのか(笑)
う~ん、この手のラブコメはダメってことなのかねぇ( ̄▽ ̄;

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


逃げる花嫁のしつけ方

逃げる花嫁のしつけ方 著 あすか イラスト サマミヤアカザ 【あらすじ】 男子のための花嫁学校なんてあるわけ…あるのか! フランス人の祖母を持つ高校生の佐久間俊弥は、学校へ向かう途中、突然現れた霧島怜理という美貌の男に連れ去られる。 俊弥は初対面なはずの


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。