プロフィール

たつきち

Author:たつきち
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

読書カレンダー

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

楽天トラベル

QRコード

QRコード

楽天市場

OVA SEX PISTOLES

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【CD】アンバランスな熱


原作 水名瀬雅良

<CAST>
加賀谷竜 羽多野 渉
鳴瀬真也 鈴木達央
鳴瀬義人 鳥海浩輔

【あらすじ】
高校3年に進級した加賀谷竜は、
学年首席だが黒い噂のある鳴瀬義人とクラスメイトになった。
義人に惹かれていく竜だが、無愛想な義人とは正反対の弟・真也に会ってから、
竜は義人に頑なに拒絶されてしまう。
理由がわからず落ち込む竜だけど、
一方で兄に思いやりを見せる真也に心を赦しはじめていた。
ところが、誘われて訪れた鳴瀬宅で、
竜は態度を豹変させた真也に無理やり陵辱されてしまう。
しかもその現場を義人に見られてしまい…!?
過去の呪縛に囚われる兄と兄への復讐にかられる弟。
その正反対の兄弟に翻弄されて――


これねぇ、原作読んだ時も思ったけど、
もう少し長い話にしたらもっと良かったんじゃないかなぁ?
1冊でまとめるには展開が早すぎたような…。
登場人物それぞれの気持ちの移り変わりについていけない(笑)
義人を好きだった竜が真也を好きになっていく過程っていうのが
もっと時間をかけて必要だったと思うわけです。
間にもうちょっとドロドロした話に持っていっても大丈夫でしょ。
たとえば…竜が一度、義人とくっついてから最後は真也に行くとか。
真也が義人にひどいことばかりしてたのは、実は愛情の裏返しとか(笑)
とはいえ、一番衝撃展開である、陵辱されてる竜を真也に見せられる場面は
やっぱ事情があるとはいえ、助けなきゃいけないでしょ義人!と思うね。
まあ、ぶっちゃけあそこで3Pに突入しなかっただけ良かったけども。
ええ、多人数プレイは好きじゃないんでね(笑)
でも気持ちの上での三角関係はもっと描かれてもよかったよ、きっと。
なんか、もう一ひねりほしかったなぁ…という気持ちが
ドラマCDになってもそのまま残った感じがしました。

さて。
羽多野くんが今回とっても男前な受けさんなんです( ̄▽ ̄)
たぶん、出てくる登場人物の中で一番男前だ(笑)
たっつんがねぇ、いい子ちゃんな時と黒い時の変わり様が絶妙。
さらに竜を好きになってからのヘタレっぷりが可愛い。
そんでもって、絡んでる時の声がすごい気持ち良さそうなんですけど(笑)
羽多野くんが攻めの時も思うんだけどね、気持ち良さそうって。
攻め側のそういう声ってあまりない気がするから新鮮。
どうしてもね、声を出すのは受け側が中心だから(笑)
義人が鳥さんなので、ますます絡んでないのが残念!←え?
ちょろっとでいいから絡んでほしかったなぁ…(願望)

アンバランスな熱 (キャラコミックス) (キャラコミックス)アンバランスな熱 (キャラコミックス) (キャラコミックス)
水名瀬 雅良

徳間書店 2007-11-24
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト

<< 【CD】SEX PISTOLS 4 | ホーム | 【CD】その指だけが知っている >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。