プロフィール

たつきち

Author:たつきち
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

読書カレンダー

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

楽天トラベル

QRコード

QRコード

楽天市場

OVA SEX PISTOLES

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きみが恋に溺れる 2

 きみが恋に溺れる(2)
高永ひなこ(角川書店) 2009/06/01

【あらすじ】
呉服屋に勤める陣内の上司は、社長令息の主藤礼一郎。
最初は反発していた陣内だが、色々とあって今は恋人同士。
そんなある日、礼一郎に対し陣内の先輩・鬼島がちょっかいを出してくる。
鬼島に全く警戒をしようとしない礼一郎に苛立ちを覚える陣内。
その上、礼一郎に見合いの話があることを知り…?
不器用な大人たちに訪れる恋の危機の行方は?


わーい♪お兄ちゃんの第2巻だよ~
やっぱり「堕ちる」よりも「溺れる」の方が人気あったんだな。
今回も陣内は、最初から最後まで、あわあわしています(笑)
鬼島が礼一郎にちょっかい出してくるからなんだけど、
そのちょっかいが実は…っていう展開で、陣内は大パニック(笑)
それだけでも大変なのに、礼一郎は見合いの話があるのを言わないし、
全てのことにおいて超がつくくらいド天然な礼一郎が相手なので
陣内は全然落ち着けません(笑)
高永さんの描くヘタレな攻めはホント面白いですねぇ。
鬼島さんは攻めだけどヘタレじゃなさそうだな。
礼一郎は、あいかわらずボケボケです。可愛い。
お客さんが自分に好意を持ってるのにも全然気づかないし
鬼島がちょっかい出してるのもまったくわかってない。
そりゃあ陣内も心配するわな、ってくらいの天然っぷり。
でも、ちょっとだけですが、嫉妬することを覚えたね…。
可愛いよ、礼一郎さん 
そして、どんどんエロくなってきてるよ、礼一郎さん。
陣内のおかげ?(笑)
これはもう早くドラマCDにしていただきましょう!
ゆっちーに頑張って喘いでもらおうじゃないかー(笑)

もう少し「溺れる」は続くみたいなので、とても楽しみです。
見合いの話が解決したようでしてないから、
そこらへんが何かしらあるのかなぁ??
最新号は続きが載ってるらしいが、雑誌買わない派なので我慢(笑)
スポンサーサイト

お久しぶりな感じ

■LYNX CD COLLECTION
 よくある話。(幻冬舎コミックス)
原作 中原一也  イラスト 朝南かつみ

発売 :2009年8月26日
税込価格 :3150円

キャスト
袴田俊樹 三木眞一郎
池田優作 森川智之


森川×三木 キタキタ━ヽ(゚ェ゚≡゚ェ゚)ノ━!!
なんだか久しぶりに見るカップリングのような気がいたします。
三木眞の受けが久しぶりなのかな…?
枯れ気味だけどエロいオヤジな三木眞と
イケメンなエロいサラリーマンのもりもりを楽しみにいたしましょう。

【CD】センチメンタル・セクスアリス

 (Atis collection) 2009/02/28
原作 砂原糖子  イラスト ヤマダサクラコ

<CAST>
相原春巳 鈴木達央
真部仙介 安元洋貴
日和佐明 鳥海浩輔

【あらすじ】
モデルの相原春巳には奴隷がいる。
デカくて力持ち、家事もでき、自分の命令をなんでも聞く男。
そんな都合のいい奴隷・真部仙介は、理系大学院生。
春巳とは幼馴染みだ。
高校卒業の時、仙介に告白され
プロポーズのように申し込まれた同居を始めてから4年。
セックスの真似事はしているが、
ホモじゃないから最後まではしない――そんな春巳に仙介は……!?


小説を読んだ時、あまりにも春巳が受け入れられなくて
ドラマCDになるほど人気があるのか?と真剣に考えちゃいました。
友達に感想を聞こうと思って、課題図書(笑)として回したくらいです。
結果、友達もダメだったという…(笑)
普通だったら、ここでサヨウナラとなるはずなんですが、
ドラマCDにチャレンジしてるのは、仙介(安元)×春巳(鈴木)だからです。
わたくしの2008年ベストCD【透過性恋愛装置】のコンビですよっ!
まさにキャスト買い。それ以外のなにものでもない(笑)

で。どうだったかというと。
たっつんが可愛いったら… (*´д`*)
いや、春巳がイラッとするのは変わりないんです。
全てがわかってて聞いていても、ダメなものはダメだ(笑)
同じバカな子でも、「アホ可愛い受け」ではないんですよね、春巳って。
でも、たっつんが仙介を好きだと自覚する前の嫌な奴の部分を
そのまま嫌な感じにすると、まったく可愛らしくなくなるので
ちょっとね、仙介の優しさの上に胡坐かいて甘えてる、
しょうがない子なんですよ~っていうのを表現しようとしてるのがわかるんです。
声だったり喋り方だったり、そういうのでちょっと可愛らしくしてる。
だから小説の時に出せない声でのニュアンスっていうのは
かなり大きな力だなと、声優さんって凄いなぁと改めて思いました。
それでまた、絡みになるととたんにエロくなるギャップが素敵(笑)
仙介に「ずっと一緒にいてくれ」って言われて、
「うん」って4回言うんだけど、全部違うんですよ。これがまた可愛い。
たっつんは、こういう返事とかが妙に可愛いんですよねぇ。

仙介は、あんげんがカッコイイ(*´д`*)
ホントにホントに、いい男なんだ、仙介。
あんげんが途中まで「目を覚ませ、仙介」と思っていたくらい
ダメな子・春巳を、ずっと優しく受け止めてきた男なんです。
いい声だっていうだけでなく、優しいんですよ。
春巳がわかってないだけでかなりモテてるなって思う(笑)
優しく穏やかな低音だからこそ、春巳にキレて
無理矢理やってしまう場面では、怒っててすごく怖いのです。
春巳と一緒に「え…?!」って気持ちになっちゃう。
しかも言葉攻めだぜ。仙介ちょっとS入ってます。
こういう攻めのあんげんは、いい仕事しますぜ…(*´艸`)
でも、最後のラブラブHになったら、やたらと優しい。
聞いてるこっちが恥ずかしいっちゅーねん(笑)

カメラマンで出てくる鳥ちゃんは、いい味出してます。
じたばたしている二人のお子ちゃまを、見守ってる感じ(笑)
春巳を気に入って狙っていたんだけど
仙介への気持ちに気づいたのに、仙介に捨てられそうになって
泣きついてきた春巳を助けてあげたりする、とてもいい人です。
4月には、スピンオフで日和佐の話が発売されましたよ。
メランコリック・リビドー(幻冬舎ルチル文庫)

フリートークは、かなり無茶苦茶( ̄▽ ̄;
そのグダグダっぷりが面白いんですけどね(笑)
男はどうして、何歳になっても下ネタであんなに盛り上がれるのか。

 センチメンタル・セクスアリス(幻冬舎ルチル文庫)

新妻の秘められた過去

deka
【新妻刑事】の番外編といいますか、後日談ですね。
千尋の過去というか、家庭の事情?親子関係?が
秘められた部分っていうことなんだと思いますけれども
よくまあ刑事になれたなって感じですよね(笑)
普通に考えたら無理だろ、これ…。
ま、BLなんでそんなリアリティは求めてませんから、いいですけど。
男同士の結婚を認めているファンタジー設定を
受け入れてこの作品を読んでいる人は、これくらいの壁は
なんの問題もなく飛び越えていきますよー!(笑)

相変わらずラブラブなお二人さんですが、
どうやら、千尋のお兄ちゃんが、弟激LOVEなご様子。
血は繋がってない兄弟なので誤解されていたというくらい
弟を溺愛していたお兄ちゃん。是非次回に登場願いたい!!
そしてできれば、恋愛対象として千尋を見ていたんじゃなくて
あくまでも弟として、すっごく可愛がってたという立場でいてほしい。
それで純一郎と火花散らしてくれると嬉しいなぁ~(笑)

しかし、途中の千尋の大阪弁が非常に落ち着かない( ̄▽ ̄;
お養母さんはいいんですよ、あれくらいでも。
千尋はねぇ、今どきの26歳の男があのコテコテ具合。どうなのよ。
そりゃあ育った家が家ですから…っていうのを考えたとしても
「おおきに」とか、「すまんかった」とか、オヤジくさくない?
大阪の友達からも聞いたことありませんよ。私が聞き逃してるだけ?


これ同人誌なんですが、終わってませんよ。続いてますよ。
去年の夏コミで出たものみたいですが、もうすぐ1年。
続き出してくれるのかしら?
ちゃんと話を完結させてから1冊で出してほしかったなぁ。

新妻刑事(AZ novels) ドラマCD

【CD】紳士協定を結ぼう!

 ムービック(ルビーコレクション) 2008/08/29

原作 こうじま奈月

<CAST>
斎 和嘉 水島大宙
玖牙守弥 石川英郎
梛 契己 三木眞一郎
龍哭蓮 近藤 隆
クリストファー・ランドルフ 鳥海浩輔

【あらすじ】
「これからずっと、お前は俺のモノ」――え、それって決定なわけ!?

イギリス育ちの斎和嘉(いわい・わか)は、高校編入初日に突然、
玖牙守弥(くが・もりや)と名乗る偉そうな先輩に首を噛みつかれてしまう。
驚く和嘉に「お前は俺のモノだ」と宣言して去る玖牙。
ところが驚きはそれだけでは終わらず、寮では玖牙と同室なうえに、
なぜか「紳士会」という上流階級の生徒だけが所属する会にまで入会するハメに。
訳が分からず抵抗する和嘉だが、
傲慢で横暴で俺様な玖牙の「ある秘密」を知ってしまい…!?
素直になれない意地悪な俺様・玖牙×好奇心旺盛な元気少年・和嘉の
学園ドキドキ☆ちょっとだけファンタジー!?


これ、原作知らなかったら「?」マークだらけだな(笑)
もう何が起こってるのか、何がしたいのかサッパリなのですよ。
一応モノローグで説明があるけど、想像し辛い。
私は原作読んでたのでそこらへんは大丈夫でしたけど
CDだけ聞く人は本当にわからないまま終わるとおもいます。
ドラマCDは音だけで世界を作るものなので
視覚的なことはSEと声優さんの演技だけで補いますよね。
でもそれにはやっぱり限界があるわけで…。
ドラマCDの企画段階で考えなきゃいけないところだと思うのです。
しかもこれ、唐突に終わるんですよねぇ。
BL的に最後は心が通じ合って…という展開を期待するのに
まだまだそこへ行くには長い道のりです、みたいな終わり方で。
玖牙の「好き」も、血のことがひっかかって素直に受け取れないし
和嘉に至っては惹かれてはいるんだろうけどイマイチわからない。
まあ、原作でもそうなんだから仕方ないんでしょうけども。
ルビーのCDだから、フリートークもないので
ホントに唐突に終わります(笑)
これまた原作知らなかったら、えぇっ?!てなる所でしょうね( ̄▽ ̄;

和嘉のだいちゅうさんはやたらと可愛くて、
こういう元気で普通(笑)な男の子がホントにお上手です。
そんでもって、英さんがカッコイイんだぁ~
久しぶりにこれだけ二枚目声続けて出してるの聞いたきがする(笑)
普通に喋ってても、怒っても、苦しんでても、落ち込んでも、かっこいい。
とにかく英さんのカッコイイ声を聞けただけでも、このCDは正解。←え?
近藤さんはクールビューティな役なので、ちょっと低めです。
こういう役すると、俄然色っぽくなるよね、近藤さん。
三木さん・鳥ちゃんも、キャラに合ってて良かったと思います。
声優さんたちは、すごく豪華で素敵なのになぁ。
なんだか勿体ないCDだと感じました。

 あすかコミックスCLーDX  角川ルビー文庫

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。