プロフィール

たつきち

Author:たつきち
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

読書カレンダー

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

楽天トラベル

QRコード

QRコード

楽天市場

OVA SEX PISTOLES

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

声優ファイル 07 杉田智和

声優さんのBLについて語ってみよう。というシリーズ
順番はとくに決まってません。
好きな順ではございませんので、あしかあず。
「呼び方」は、私が呼ぶときのものです。
受け攻め比率は、私が聞いた作品でのおおよその比率です。
だいたいなので正確ではないし、思ってるのとは若干違っていたりします(笑)


【杉田智和 すぎたともかず】
所属 アトミックモンキー
呼び方 杉田くん・スギコ
受け攻め比率 1:9

DG5の「絡みづらい」担当(笑)杉田くん。
なんとなく、BLで聞く前から攻め側の声の人だなーって
勝手に思っていたのですが、わりと受けもあってビックリ(笑)
そして攻めより受けを先に聞いたさ…。
これはどちらかというと、こわいもの見たさ…みたいな?
でもみんなに「戦ってる」とか言われてる受け( ̄▽ ̄;
帝王相手に受けてるの聞きたいんだけど子安がいるから聞けない…(笑)

一転、攻め側になると杉田くんはSEが凄い(笑)
キスのSEで腕を吸いすぎてアザ(てかキスマークか?笑)が
できてたっていうのは有名な話ですよねぇ。
何を張り切ってんだ、スギコ…(笑)
とりあえず両方聞きましたけどもね、やっぱりスギコは攻め側か…なぁ。

大人なカッコイイ攻めを堪能できますよん

スポンサーサイト

声優ファイル 06 小野大輔

声優さんのBLについて語ってみよう。というシリーズ
順番はとくに決まってません。
好きな順ではございませんので、あしかあず。
「呼び方」は、私が呼ぶときのものです。
受け攻め比率は、私が聞いた作品でのおおよその比率です。
だいたいなので正確ではないし、思ってるのとは若干違っていたりします(笑)


【小野大輔 おのだいすけ】
所属 マウスプロモーション
呼び方 小野くん・おのでぃ・ハンサム・ドM(←笑)
受け攻め比率 4:6

最近DGSばっか聞いてるので、DG5を制覇してやろうかと思います(笑)
ドSのピロシはもう出ているので、次はドMのおのでぃを(* ̄▽ ̄)ノ
はっきり言って、まだ私の中でどっち側が好きなのか決まってない人です。
聞いた作品では受け攻めの比率で考えると、攻めが多いと思うんだけど。
でも、受けもそんなに悪くないと思うし、どちらも普通に聞けるんですよね。
どっちでもOKな人って感じかなぁ。
ただ、わりとカッコイイ声をずっと聞いてたし、そういう役ばかり見てて
みんなに「ハンサム」と言われるような人だったから
DGSを聞き始めてあんなにおかしい面白い人だとは思いませんでした。
おかげで、真面目な声出してたら笑えるようになってきちゃって
それはそれで面白いんだけど、良くないよなーと思ったりもして…(笑)
かっこよく喋ってるの聞いたらピロシの声で「気持ち悪い」って
聞こえてくるような気がしてさー( ̄▽ ̄;
おのでぃに「気持ち悪い」は褒め言葉みたいになってきてるよな。
あれ? あんまりBLについて語ってない気がするぞ…?

原作のイメージそのままで、おのでぃが頑張ってたYO!

帝王の出現率

3/25発売予定「透過性恋愛装置」のCMを聞く。
がっつり最後まで受けるのは「初」だという、たっつんが!!
なーんーだーかー、犯罪級に可愛いんですがぁー!_ノ乙(、ン、)_ チーン。
初物をいただいた、とか言っちゃってるあんげんさんは、
相変わらず、普通に喋ってるだけでもええ声だしよぉーう。
ちょっと気になってきちゃったぞ。
まずは原作を立ち読みしてみようぢゃないか…(立ち読みなんかい!)


6/27発売予定「香港恋愛夜曲」キャスト決定。
 相馬真吾:羽多野渉、ブライアン・黎:森川智之
 エドワード・華:一条和矢
おぉっとーう!ついに、わちゃも帝王に食われる日がキター!(笑)
水上さんだったら…借りられるかなぁ~。予習してみようかなぁ~。


フィフスアベニューの3月タイトル
「恋する運命なのだから」「わんことにゃんこ」の
インタビューも読みましたが、どっちにも帝王が…(笑)
攻めでも受けでも出てきます。さすがの出現率でいらっしゃる( ̄▽ ̄;

仕入れた情報はメモっておこう

■2008年5月23日発売予定
『龍と竜~白露~』 4,500円(税込・予価)<2枚組>
原作:綺月陣(海王社「ガッシュ文庫」刊)
出演:小野大輔、中村悠一、菊地こころ、安元洋貴、坂巻亮佑

あら。これって『龍と竜』の続編だよね。続きあったんだ。
っていうか、2枚組・・・?!


□2008年6月25日発売予定
『便利屋さん』 3,000円(税込・予価)
原作:大和名瀬(海王社「ガッシュコミックス」刊)
出演:神谷浩史、羽多野渉、寺島拓篤、遊佐浩二

あらあら?これは…わちゃにピロシが食われますか?
てらしーが、ゆっちーに食われますか?
原作知らないけど名瀬さんだったら借りられるな…。予習すべきかしら。


▼2008年5月25日発売予定
『すべてはこの夜に』(2枚組)4,725円(税込・予価)
原作:英田サキ/イラスト:海老原由里(笠倉出版社 クロスノベルス)
キャスト:
神谷浩史、鳥海浩輔、遊佐浩二、高瀬右光、菅沼久義

おぉーう!ピロシは、とりさんにまで食われますかー!
そして、ゆっちーはこっちでは受けですかー!ってか、高瀬さんて誰ー?!(笑)


▽2008年5月25日発売予定
『牛泥棒』3,150円(税込・予価)
原作:木原 音瀬/イラスト:依田 沙江美(蒼竜社 Holly NOVELS)
キャスト:
岸尾だいすけ、谷山紀章

きーやん×だいさく、って…『天使×密造』と同じか?違ったっけ?
まぁ、なんにせよ、きーやん攻めは珍しい方に入りますねぇ。


●2008年4月28日発売予定
『ハチミツ浸透圧』 3,000円(税込・予価)
原作:崎谷はるひ(角川ルビー文庫刊)
出演:武内健、杉田智和、鳥海浩輔

杉田×武内は…初対決かしら?

声優ファイル 05 神谷浩史

声優さんのBLについて語ってみよう。というシリーズ
順番はとくに決まってません。
好きな順ではございませんので、あしかあず。
「呼び方」は、私が呼ぶときのものです。
受け攻め比率は、私が聞いた作品でのおおよその比率です。
だいたいなので正確ではないし、思ってるのとは若干違っていたりします(笑)


【神谷浩史 かみやひろし】
所属 青二プロダクション
呼び方 神谷さん・ヒロC・ピロシ
受け攻め比率 9:1

間違いなくBL食物連鎖の底辺を争ってる一人(笑)
私が聞いた攻めは相手が全部スズケンなんですけども何故?
でもやっぱり受けの比率が高いですね。
ピロシもまた、私の中の美人声担当。可愛い役や声も大好きだけど。
ツンデレ女王様な感じとか結構好きだったりする(゚∇^d)
美人声でも絡むと声が可愛いピロシ。エロくなるが可愛いピロシ。
そしてフリートークになると、ドS発言が多い(笑)
そんなところも可愛いと思い始めてる私は重症か…_| ̄|○
なんていうか、とても綺麗に喋るんですよね、ピロシって。
言葉が綺麗にちゃんと聞こえてくるというか…はっきりしている。
それに、とてもお芝居上手な方なので、ストーリーがしっかりしてる話で
じっくり聞きたいですねぇ…。絡みもさ…( ̄▽ ̄)ノ←え?

ほんっとに生きててよかったよ、ピロシ!
復帰後の仕事がすごい勢いで、大丈夫か?と思ったけど( ̄▽ ̄;
神様ピロシを助けてくれてありがとう!(笑)

年上女王様なピロシと、年下わんこ攻めな鳥さんを堪能

【CD】真夜中にお会いしましょう


原作 神奈木智  イラスト 金ひかる

<CAST>
海堂寺藍:岸尾大輔
松浦龍二:風間勇刀
海堂寺山吹:松本保典
海堂寺碧:遠近孝一
海堂寺紺:鈴村健一
立花涼:野島裕史

【あらすじ】
『ラ・フォンティーヌ』は財閥・海堂寺家の御曹司、
藍とイトコの山吹、碧、紺の美少年4人によるホストクラブ。
両親の残した借金のために始めたが、
返済するどころか火の車で借金取りの龍二に怯える毎日。
藍は龍二を誘惑して、まるめ込もうとするが、
可愛い藍に本気になった龍二に押し倒され、全てを奪われそうになって!?


美少年4人のホストクラブらしいが、美声揃いでもありますよ(笑)
借金返すのに大変なんだけど、そこらへんを感じさせないのは何故かしら。
話としてすごく面白い!とかっていう展開もないんだけど
大所帯でワイワイしてるのが楽しかったりするドラマCDなのです(笑)

みんなに可愛がられている藍を、だいさくがこれまた可愛く演じております。
大事にされすぎたのか、世間を知らなさ過ぎる気もしますが(笑)
この人も演技の幅広いよな…( ̄▽ ̄;
龍二役の風間さんは、BLではあまりお見かけしませんがとっても良いお声で。
どんどん出て、どんどん攻めていただきたいですな!(`∀´*)
借金取りとはいえ、龍二はとてもいい男なので藍は幸せになれると思うよ!
少し匂わせる程度ですが、山吹にちょっかい出してるホストの涼が登場しますが
続編「黄昏にキスをはじめましょう」はこの二人がメインなんですよねぇ…。
でも原作がハイランドなだけに、ドラマCDにはなんないだろうな( ̄▽ ̄;
ちぇっ…。野島兄が受けなのにぃー!←そこかよ

【CD】言ノ葉ノ花


原作 砂原糖子  イラスト 三池ろむこ

<CAST>
余村和明 神谷浩史
長谷部修一 小野大輔

【あらすじ】
三年前から突然人の心の声が聞こえ始め、以来人間不信気味の余村。
ある日彼は、自分に好意を持っているらしい同僚の長谷部の心の声を聞いてしまう。
罪悪感を覚えつつも、言葉で、“声”で、一途に注がれる愛情が心地よく、
余村も長谷部を好ましく思うようになる。
そしてついに長谷部の告白を受け入れるが、
余村が心の声を聞けると知った長谷部の反応は意外なものだった……。


原作に興味を持ったのはイラストが好きな漫画家の三池ろむこさんだったから。
でも、話もすごく評判がよかったみたいなので、ドラマCD化も楽しみでした。
BLというのを横に置いといても、心の声が突然聞こえるようになって
人間不信になった人間が心を許せる人に出会い、立ち直っていく話なので
非常にデリケートな話だと思います。
2枚組なのでとても大事に作られています。
「あ」の付くプロデューサーがまたしても素敵演出。Atisさん、いい仕事するよね…。

Disc1では心の声が聞こえるために人を信じられない余村が
Disc2では心の声が聞こえなくなってしまって不安になる。
とても繊細だし、不安定で難しい役ですが、ピロシがしっかり演じております!
(゚∇^d)グッジョブ!ピロシ!
心の声が聞こえるということを長谷部に話した後
お互い少しぎこちなくなって、でも余村には予想できた反応だったし
何も無かったことにしようとするんですね。
昔、人の心の声が聞こえたならいいのにと思ったことがあって
それだから今の自分があるのかと考えた余村が
神様に「もう一度願いが叶うなら、声を聞こえないようにしてください」って
お願いするときなんか、本を読んだときもじわっときましたが
一緒に泣きそうになってしまいました。
心情表現が、ほんとにピロシは上手いな…・゜・(ノД`)・゜・

上手いといえば、おのでぃ!頑張った!頑張ったね!
ちゃんと長谷部くんだった。イメージどおり!グッジョブ(゚∇^d)
無口なんだけど、余村のことを静かに思ってる感じがよく出てた。
でも口に出さない分、心の中ではかなり饒舌なだけど(笑)
「俺は、ちゃんと、ずっと、あなたが好きだ」っていう台詞のところとか
ほんとに、ほんとに、いい感じだった。
なんていうのかしら、余村さん好き好きオーラ全開でよかったよ…(TдT)
ま、可愛いとか言うのも演技しなくてもいいだろ、
余村さん演じてるのピロシだしさ…と、更なる腐思考で聞いてしまったり。
いかん、いかん。戻ってきて!私!(笑)

フリートークはうってかわって、どSピロシと、どMおのでぃの
DGS聞いてるみたいに楽しいトークが繰り広げられておりました(笑)
仲良しさんだな…( ̄▽ ̄)ノ

言ノ葉ノ花 (新書館ディアプラス文庫 169)言ノ葉ノ花 (新書館ディアプラス文庫 169)
砂原 糖子

新書館 2007-09-10
売り上げランキング : 1363
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

【CD】秘書は艶然とうそをつく


原作 あさぎり夕

<CAST>
高根一磨 三木眞一郎
藤谷英理 私市 淳
七瀬暁人 鈴村健一
京也 小西克幸
有栖川凛 櫻井孝宏
海棠貴之 子安武人

【あらすじ】
自分がゲイ…ではと悩む大学生・英理は、
デリバリーホストに思い切って電話をかけた。
初回限定の割引でなければ手が出る金額ではなかったが、
理想の「秘書タイプ」の男と夢のような体験をした英理は…!?


なんかシリーズなんですか?これ。
あさぎり夕は、まったく手をつけなくなったので原作を知りません。
BL書き始めた最初の頃だけかな、知ってるのは。
まあ、その頃から思ってたことですが、あさぎり作品は絡みのシーンが苦手だ。
受けの子が女っぽく喘ぐのはどうしてもA○女優みたいに思えて嫌いなんです。
Hシーンが多いのは気にしませんけれども、受けが女みたいなのはダメ。
……なんてこと思ってるのに、どうしてこれは聞いてるんだ?って話ですが
それはですね、聞く機会があったからです(笑)
苦手な絡みシーンもCDになると、若干押さえ気味になるので大丈夫。
話自体がそれほど珍しいものではない。
まぁ、出張ホストを題材にしてるのは珍しいかもしれないけども(笑)
でもBL的にはよくある展開のストーリーなので、普通に聞きました。

私市さんが最後までちゃんと絡んでるのを聞くのは初めて…かな?
【僕らの王国】では確か…最後まではいってなかった気がするから…。
普通に喋ってるときは可愛いんだけども絡みのシーンにもう少し色気が欲しい(笑)
三木さんが攻めなのにやけに色っぽいフェロモン出してるから負けてるのよ!
そう。三木さんといえばまたまた敬語攻め!萌えですなー(笑)
しかもちょっと偉そうな敬語。ここらへんも萌えどころ( ̄▽ ̄)
ほかにもカップルがいて、子安×櫻井と小西×鈴村のようです。
最後のコメントで話してましたが、どうも海棠が面白い方向にいってるような…。
でもラブラブカップルっぷりは一番でしたけどもね。
少しだけ出てくる小西×鈴村カップルは少しすぎてよくわからん(笑)

【CD】キレパパ。3


原作 高城リョウ

<CAST>
鷹司千里 緑川 光
榊 俊介 櫻井孝宏
鷹司里樹 宮田幸季
二条 翔 諏訪部順一
鷹司千尋 森川智之
鷹司千歳 川島得愛
鷹司千鳥 羽多野渉

【あらすじ】
息子激ラブのキレイでキレてる、ちーパパ三度見参!
最凶強! 鷹司ファミリーが遂に登場!
どうする、俊介!?

「あいつの化けの皮、この父が剥いでやるわ!」

キレいでキレやすい千里は、ミステリー小説『水鬼シリーズ』の熱狂的なファン。
その映画撮影のロケ宿泊地が、なんと千里の実家の近所であったからさあ大変?!
実家は温泉宿を営んでおり、父の千尋や兄の千歳、千鳥も千里同様、過激な人たち。
そんな千尋らが千里には二十歳も年下で、
しかも千里の愛息里樹の同級生・俊介が恋人だと知り大激怒!
あの手この手で千里と俊介を別れさせようと、撮影班の宿泊先である銀雪館は大混乱。
果たしてことの顛末は…!?


きましたよ。キレジジ登場(笑) このCDはこれに尽きる。
モリモリが非常に楽しそうです。はっちゃけてます!
最後の「えぇい!塩を!塩を撒けーい!」ってとこが、かなり好き(`▽´)
BL裏話の模擬収録との違いがありすぎてそこも面白いです。
持ってる方は是非両方聞いてみてください(笑)

千里は息子激ラブなパパですが、千尋は息子・孫激ラブなおじいちゃんです(笑)
それだけでなく、お兄さんである千歳・千鳥まで甥激ラブ。
なんだ、この家族(笑)
そしてあいかわらず里樹が最強です。すべてを丸め込む力をもっている( ̄_ ̄lll)
兄といえば、千歳兄さんですけれども…。
映画監督の雪人さん(檜山修之)と昔恋人同士で、ちょっとしたすれ違いで
別れたけど今でも好きで…という設定なんですね。
ということは…檜山×川島!きゃー!川島さんが受けー!ひょー!貴重だー(笑)
原作では4コマでオマケまんがみたいになってた話なんですけど
ちゃんとCDに入れてくれてましたよ。わぁーい!( ̄▽ ̄)

カップルがいるわりに、里樹のところは千里が邪魔しにいくので
きちんと絡んでいるのは主人公カップルだけです(笑)
が、しかし。千里の妄想でいろんな人がいつも絡むんですけどもね。
1の時は櫻井×諏訪部でしたが、とうとう櫻井×森川まで…(笑)
ちーパパは面白いなぁ…。

フリートークは、ひーちゃんが仕切ってました。
相変わらず羽多野くんがいっぱいいっぱいでしたよ。可愛いな(笑)
原作も3巻出るし、続きだしてくれないかなぁ~(^0^)

【CD】honey


原作 雪代鞠絵  イラスト 門地かおり

<CAST>
雪村史緒 下野 紘
久保貴志 杉田智和
天野 三木眞一郎


【あらすじ】は原作の感想で書いたので割愛。
原作読んだ時も思ったけどね。ええ話やったよ…・゜・(ノД`)・゜・
Atisさんは、またまたいい仕事をしてくださいましたー。

下野くんが、史緒とモノローグの史緒とシオ、ある意味3役です( ̄▽ ̄;
可愛いんだー。とにかく可愛いんだー。
意地っ張りな史緒も、素直で健気なシオも、全部可愛いー。
でも貴志を好きだという気持ちとか、その思いからくる行動だとか
そこらへんは非常に切ないんです。可愛さもぶっ飛ぶ。
二人が初めてHするのは史緒がシオのときなんですけれども。
記憶が戻ったらシオで過ごした時間のことは忘れると言われていたので
「ちゃんと、ちゃんと憶えててね」とか言われた日には…!
最後に車の中で「貴志さんの傍にいていいの…?」って告白し始めた時は
やっぱり下野くんと一緒に泣いてしまいました(ノ_・。)
杉田くんの貴志は、すごく大人な優しい感じが出てて良かった!
史緒を好きになっていく過程も声でちゃんとわかったし。
メモを見つけた場面は本を読んだときと同じようにじわっと涙が…。
そんな優しい貴志も、えっちする時はSです。炸裂してます(笑)
貴志の同僚の天野が三木さん。
これまた飄々とした人物なんですけども、こういう役ホント上手ね( ̄▽ ̄)
ポイント、ポイントで出てきてちゃんといい方向に向かわせてくれます(笑)

フリートークは下野くんと杉田くんが、
作中でやってるケーキにハチミツってのを実践してひたすら「甘い」と言ってます。
相変わらず杉田くんがフリーダムだが、面白いから良い。
それにしても、なんて仲良しさんなのかしら(笑)

【CD】花嫁を手に入れろ!~南の島プロポーズ大作戦!~


原作 森本あき  イラスト タカツキノボル

<CAST>
春名椿 千葉進歩
西園寺天王 一条和矢
春名柊 緑川光
春名柚 宮田幸季
西園寺海王 平川大輔
西園寺地王 石川英郎

【あらすじ】
「春名家の3美人」と名高い椿、柊、柚の3兄弟は、
突然現れたヘリコプターに、さらわれてしまった!
長男の椿が目覚めると、そこは大富豪・西園寺家の有する南の島で!?
天王・海王・地王という3兄弟が、椿たちを「花嫁にする!」と宣言。
「誘拐犯に恋なんかするか!!」椿は貞操を守って、この島から脱出できるのか?
3兄弟×3兄弟の南国パラダイス・ラブコメディ。


これは続編もまとめて全部読んでおります。←珍しい?(笑)

千葉ちゃんの椿がものっそい可愛いんですけど…_ノ乙(、ン、)_ パタリ。
弟二人をすごくかわいがっている頑張り屋さんな、お兄ちゃん。
なにがいいかって、弟たちもお兄ちゃんの椿を大好きなところです。
仲良し三兄弟。いい設定だわよ。こういうのは結構好きです(笑)
そこへ、とんでも設定な金持ち兄弟登場。
この三兄弟が春名家三兄弟に会いに行って、
それぞれ惚れる場面が面白くて好きなんですけどね( ̄▽ ̄)
BLはなんでもアリだな(笑)と思わせる3人に椿たちは
拉致られて南の島へ行くわけですが。
わりとすんなり状況になじんでしまう弟たちと違って
誘拐犯に恋するわけないだろー!と一人で反抗してるのが可愛い。
これまた天王が非常に俺様な攻めなんですけど、
ちゃんと椿を包み込めるくらい包容力抜群な男でして(笑)
どんどん椿は好きになっていくんだけれども、簡単にはいかない。
元々可愛いんだが、天王好きって思ってからの椿が可愛すぎだー。
でも絡みのシーンになると千葉ちゃんは相変わらずエロいのだった…。
千葉ちゃんの喘ぎはどうしてあんなに気持ち良さそうなんだろうね?(笑)
攻めるのが一条さんだからエロボイス対決みたいになってたよ( ̄▽ ̄;

かなり、ありえない展開で話は進みますがそこらへんはご愛嬌(笑)
ライトタッチなお話なので、軽く聞けます。
しっかりした話が好きな人にはオススメできませんけれども…。

このシリーズは長男CP・次男CP・三男CPと、いるわけですが
次男と三男たちも、いちゃいちゃしているカップルで、ちょこちょこ登場(笑)
それぞれのメインの話もあるので登場は控えめ。

声優ファイル 04 石川英郎

声優さんのBLについて語ってみよう。というシリーズ
順番はとくに決まってません。
好きな順ではございませんので、あしかあず。
「呼び方」は、私が呼ぶときのものです。
受け攻め比率は、私が聞いた作品でのおおよその比率です。
だいたいなので正確ではないし、思ってるのとは若干違っていたりします(笑)


【石川英郎 いしかわひでお】
所属 青二プロダクション
呼び方 石川さん・英さん・ロングさん
受け攻め比率 2:8

英さんがBLで、ちゃんと絡んでるのを聞いたのは受けが最初。
モリモリと同じく、「受けの人」と思ったままブランク期に突入。
復帰したら、英さんはすっかり攻め側の人になっていた…(笑)
でも、これまたモリモリと同じような感じなんだけれども
英さんは私が受けだと思うキャラを担当することが多い(笑)
あくまでもキャラが先ね。英さんだから受けなんじゃなくて、
受けだと思ったらCVが英さんだった…っていうパターンですから!
高い声出にくくなってきたから受けは辛いかも…みたいなことを
おっしゃってましたが、ノープロブレムですよ。
なんなら低い声のままでも受けちゃってくれても大丈夫(笑)←なにがだ
そんなこと言ってますが、もちろん攻めも大好きですよ。
なんてったって、いい声ですから!英さんの攻めボイスは低音がよいです。
てなわけで、受けも攻めもどっちも聞けます。どんとこい!(笑)


私が聞いた、記念すべき英さんの初BL。受けですよ(笑)

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。