プロフィール

たつきち

Author:たつきち
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

読書カレンダー

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

楽天トラベル

QRコード

QRコード

楽天市場

OVA SEX PISTOLES

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【CD】理事長様のお気に入り


原作 水島忍  イラスト 樹要 (RUBY CDコレクション)

<CAST>
柏木廉太郎 岡野浩介
早瀬高雅 森川智之
山之内篤志 鳥海浩輔
宇都宮諒 櫻井孝宏

【あらすじ】
「私は君を一生離さない」
年上の友人だと思っていた早瀬は、
なんと廉太郎が生徒会長をしている学校の若き理事長だった!
超美形の早瀬に理事長室でゴーインにHされてしまった廉太郎。
早瀬はマイペースで人の話をぜんぜん聞かないし、
Hされると気持ちが良くてなんだかうやむやに……。
そのうえ親友だと思ってたヤツらまで告白してくるし!?
わがままな理事長様と生徒会長のドキドキ学園ラブ・ストーリー!!


はい!昨日の受けは今日の攻め(笑) 原作は未読。
攻め…なんですが、森川さんかなり高めの声です。
なんだろう…ちょっと天然ボケ入ってそうなお坊ちゃまだから?(笑)
「僕は君が好き。もちろん君も好きだよね?」的な言動が
ちょっと私には受け入れられない人物でしたよ…。
しかも主人公までHに流されているだけに聞こえて微妙な展開。
なんていうのかな、早瀬を好きだっていうのが伝わりにくい。
原作読んでないからなのかなぁ。
岡野さんの受けは初めて聞いたけど絡みは慣れてない感じね。←何様

親友(山之内・宇都宮)は、鳥海さんと櫻井さん。
私が思うにね、廉太郎は山之内とくっついた方が幸せになれるよ(笑)
なんか登場人物の中で、一番大人だった。
スポンサーサイト

【CD】幸せにしてあげます


原作 斑鳩サハラ

<CAST>
大沢俊行 上田祐司
篠原瑛 森川智之
中山類 陶山章央
二階堂真弓 遊佐浩二

【あらすじ】
桜沢学園の裏庭の主、生物部所属の雄鶏《みどりさん》が
突然何者かに誘拐され、何と類に脅迫状が!!
『みどりさんを返して欲しければ恋人の二階堂君と別れろ…』
途方に暮れ、自分に頼ってくる類に、大沢の内心は複雑だったが、
意外な真犯人と大沢が思わぬ展開に!!


はい。ちょっと懐かしいのを一枚(笑)
久しぶりに聞いたら、みんな声が若いよ。
当たり前か。10年前だもんな( ̄▽ ̄;
これはその昔、斑鳩さんファンのSちゃんから
原作とCDを借りた作品でございます。
その後、長い間、BLCDから遠のいた生活を送っていた私は
ずっと森川さんは受け側の声優さんだと思っていたのです。
長いブランクを経て帰ってきてみたらビックリ!
まさかあの森川さんが帝王になってらっしゃるとは!みたいな(笑)
でも、私が帝王・森川の受けを好きな原点はここにある!!

とにかく可愛いんですよ!篠原先生(森川)が!
オープニングでみどりさんが車に乗ってきちゃって
焦って「こら!みどりさん!」とか言ってるとこから可愛い。
普通に喋ってるのが可愛い。もちろんHシーンも可愛い。
おのれ、モリモリ!どうしてくれよう!(笑)
うえださんの大沢は、ちょっと俺様な攻めでカッコイイのです。
囁き声でうえださんにせまられて、わたわたしているモリモリ。
今では実現しなさそうな組み合わせだなぁ(笑)

そしてなんと、このドラマCD、遊佐さんが出てる!
テスト終わって「あまりいやらしくしないで」って
ディレクター(阿部さん)に言われたらしいですよ!
そうか、この頃からいやらしい声出してたのか!みたいな(笑)
出番は少ないですがちょろっと絡むのですよ。
そのちょっとのシーンで、いやらしいと言われるゆっちーって…。

それにしても、阿部さんはこの頃からBLCDに携わっていたんだなぁ。
すごい長いお付き合い…(笑)

【CD】開いてるドアから失礼しますよ



原作 山田ユギ

<CAST>
本田正一 置鮎龍太郎
本田俊二 井上和彦
本田賢三 森川智之
永井篤 鈴村健一
有川 小西克幸
三角 立木文彦

【あらすじ】
おまえはもう、忘れたのか。
10年経てば、もう時効だとでも言うのか…。
久しぶりに再会した正一と俊二―――10年前から断ち切れない、恋心。
懐かしくも切ない大人の家族内恋愛模様。
10年ぶりに再会した兄・正一と弟・俊二。
兄への恋心を断ち切れない弟に、正一はあくまでも兄として、
家族として接しようとつとめるが、久しぶりに再会した二人の
心模様は微妙に移り変わっていて…。


たしか「最後のドアを閉めろ」だったっけ?
それの外伝的な話なんですよね。これ。
で、そのどちらも原作を知りません(笑)
これは井上×置鮎だー!ってだけで聞いたのでね・・・。
組み合わせは悪くないと思うの。
でも和彦さんが、オッキーさんよりも年下で
ワンコ攻めなのにちょいと違和感。
しかもちょっと、チャラチャラしてる感じなのよね俊二って。
だから正一がぐだぐだと悩みまくっているのとギャップがありすぎる。
絡みシーンは問題ありませんでしたけど。←何が(笑)
モノローグ等、いーっぱい喋ってるのでオッキーさんの声を
堪能したい方にはオススメいたします。
にしても、置鮎・井上・森川って、どんだけ美声兄弟やねん(笑)
フリートークはみなさん楽しそうでわいわい喋ってて面白かったです。

【CD】野球天国



原作 麻々原絵里依

<CAST>
緒方知映 遊佐浩二
宇野英司 岸尾大輔
服部 浜田賢二
阿倍 野島裕史
小幡 笹田貴之
江坂 安元洋貴
高市監督 羽多野 渉

【あらすじ】
球団一の人気を誇る主力の4番打者・緒方。
そんな緒方に、天才肌のエースで可愛い後輩の宇野は密かに片想い中。
ところが、気持ちがバレたとたん、猛アタックで攻めてきた!?
困惑した緒方は「恋人になる条件は
完全試合[パーフェクト]の達成だ!」と賭けをして!?
試合中のマウンドで、公私混同のラブ・ゲーム。


はい、大輔祭り~。今日の大輔は岸尾さんだよ!
あ、今は「岸尾だいすけ」ですが、キャストなどは
発売された当時の明記にさせていただいてます。

これは凄いよ!なんと岸尾×遊佐!
やったぜ、だいさく!ゆっちー喰っちゃったー!(笑)
遊佐さんもね、まさかBL食物連鎖最下層の岸尾さんに
喰われてしまうとは思ってなかっただろうな( ̄ー ̄;

でも宇野はすごくワンコで可愛いのですよ。
緒方大好きで尻尾ブンブン振ってる感じなのね。
で、とても可愛い役なので原作知らないで聞いたら
声の感じからいっても緒方×宇野だと思うんじゃないかと(笑)
緒方さんが、これまたフェロモン垂れ流し系な
色っぽい声だして喋るわけですよ、遊佐さんが!!
やっぱ遊佐さんの受けは艶っぽいなぁ。
まあ、話がコメディというか、軽い展開で進むので
それほど濃くないです。絡みも最後に1回だけだし。
その絡みですらすぐ終わるし。
聞き様によっては遊佐×岸尾に聞こえなくもない(笑)
ゆっちーを攻めるには、だいさくの声は可愛すぎるのかなぁ。

【CD】まなざしの誘惑


原作者 遠野春日  イラスト 蓮川愛

<CAST>
谷口聖 平川大輔
荻原大成 三木眞一郎
萩雅之 野島健児
沢渡肇 子安武人

【あらすじ】
有力な国会議員の令息でありながら、
出張ホストのアルバイトをする谷口聖。
父の秘書であり、自分の世話役でもある荻原大成に
その姿を見せつけて、どんな反応をするか知りたかったから…。
聖は大成のことをずっと想い続けているのに、
大成はいつも距離を置き、冷たい態度でしか接してくれなかった。
そして、どんなことをしても態度を変えない大成に業を煮やした聖は、
ついに泊まりの仕事を引き受けることになるのだがーー。


はい、大輔祭り~♪今日の大輔は平川さん( ̄▽ ̄)ノ
これは【じれったい唇】の続編というか、中に出てきた聖が
主人公になったスピンオフみたいな感じ?
ただ、【じれったい唇】の方は聞いてません。攻めが子安だから…(--;
話は聖が最初から大成が好きというところから始まってるし
どう考えても大成も聖が好きだし(笑)ってことで
物語としてそれほど大きい展開はありません。
大成との関係を知られて脅されて…ってところに
助けにくるのも、お約束なので「きたー!」って感じですし( ̄▽ ̄)
でも大成(三木眞)がカッコイイから許す!
手を出すのを我慢していた大人は箍が外れると凄いのよ(笑)

平川さん育ちの良いおぼっちゃまって感じの落ち着いた声です。
蓮川さんのイラストのイメージのまま!美人声で素敵~♪
でも回想シーンの子供時代は可愛い。お目目うるうるなワンコって感じ。
大成が大好きー!っていうのが伝わってきて良いですね( ̄▽ ̄)
フリートークで、いっぱいいっぱいなのも可愛いなぁ。
「仕事終わりが三木さんに抱かれるという…」って、すごい発言を
三木眞・子安に突っ込まれてるあたりが面白すぎです。
そういえば、【社長のおじかん】も三木×平川だったなぁ・・・。

【CD】BL裏話 Vol.7

Vol.7のゲストは緑川光と高橋広樹。
なんか面白かったなぁ。
模擬収録でみんなNG出しまくり。
でも、「ここは○○にした方がいいですか?」とか
あぁ、現場でこういうふうに話し合いながらやってるのね
っていうのがわかって、なかなか興味深いトラックでした(笑)
阿部さんに「こうやって」と言われたら
ちゃんとそういう演技に変えてくるところも
みなさんプロだわ!素晴らしい!と思ったね。うん。

そして、相変わらずいろんな役をやらされる森川智之。
ゲストの本役以外をフォローするって大変よね(笑)
また阿部さんが「ごめんね。モリモリ」って謝ってた。

自分で交換したり、借りたり、裏話も結構そろってきたな( ̄▽ ̄)

【CD】淫らなキスに乱されて


原作 愁堂れな  イラスト 陸裕千景子

<CAST>
中津忠利 置鮎龍太郎
藤原龍門 森川智之
上条秀臣 鳥海浩輔
高円寺久茂 小西克幸
神津雅俊 福山潤
ミトモ 太田哲治
白鳥光義 成田剣

【あらすじ】
「……あんたにも天国みせてやる」

美貌のヤメ検弁護士・中津は
ひそかに腐れ縁の友人検事・上条を想っていたが、
告白することなく失恋してしまう。
その頃新しく企業の顧問弁護士になるが、
その会社を嗅ぎまわる謎のルポライター・藤原と出会う。
それ以来、自堕落な風情の藤原につけ狙われる中津だったが、
ある日口論の末、無理やり抱かれてしまう。
快楽に容易く陥落する自分の淫らな躰に戸惑いながらも逆らえない中津は…。


はい、きた!森川×置鮎!
「しあわせにできる」は置鮎×森川だけれども、とうとう逆できたよ!
これは聞かないとダメでしょ?ねえ?←誰に聞いてんの

オッキーさんはそれほど高い声にしてません。
受けやる時にしては、わりと低めの声を出してます。
まあ、その方が絡みのときに高くなる声に艶が出ていいんですけどー。
ほんとにオッキーさんは美人声だなぁ~(* ̄▽ ̄)ノ
攻める帝王モリモリは、ちょいとやさぐれフリーライター。
メイン出演者の中で、一番年下の役っていうのが笑えるが(笑)
ちょっとね、今回の話は絡みが無理矢理Hなので
ヒドイ男っぽいのですが、本質はワンコですよ。
尻尾振って着いていってます。年下ワンコ攻めは可愛いなぁ。
クリアファイルもらったけど、龍門がワンコだった(笑)
最後にね、名前で呼んでほしいっていうとこがあって
そこの「りゅーもん」っていうオッキーさんの言い方がね
超甘いのですよ!ほんとに「龍門」じゃなくて「りゅーもん」
ひらがなで呼んでる感じ。甘い空気よ~。
ま、すぐに高円寺(小西)の邪魔が入るんだけど(笑)
しかし・・しかし・・・物足りなかったよ・・・。
だってさー、この二人がちゃんとくっつくのは次の作品なわけでー。
今回の話はちょっと甘い雰囲気になったかな、程度のところで終わるわけ。
絡みは無理矢理ばっかりだし。お願いです、続き出して(T_T)

30年来の友人という設定なのですが
置鮎・小西・鳥海が、弁護士・刑事・検事ってすごいよね(笑)
中津の上条への思いの昇華のさせかたも良かった。
心の繋がり・絆っていうのが大切にされてていいです。

【CD】最果ての君へ



原作 みなみ遥

<CAST>
汐未陵 岸尾大輔
尊堂晄人 鳥海浩輔
汐未雅也 神谷浩史
西賀優司 遊佐浩二
尊堂京一郎 松山鷹志

【あらすじ】
傲慢なだけのこの束縛を、愛情なのかとカン違いしてたんだ、俺は。
両親をなくした陵は、兄と共に尊堂家に引き取られ、
跡取りの晄人と淡い恋心をはぐくみながら、幸せな日々を過ごしていた。
真実を知るあの日までは…。
幼馴染みに抱く淡い恋心。
二人のささやかであたたかな関係が、
とある事件を境に劇的に変化してしまい…。

謎の新ユニットSTA☆MEN 自家発電的BLCD・その2(笑)
私の「神谷浩史祭り」と「大輔祭り」が
一枚に入ってしまっているという、すばらしい作品ですな(笑)

内容的にはシリアスです。
お兄ちゃん(神谷)が自分を守るために、尊堂京一郎(松山)に
抱かれているという事実を知ったあたりから、
陵(岸尾)と晄人(鳥海)の関係がおかしくなっていく。
二人ともお互いに好きなのにすれ違っててね。悲しいですね。
だから幸せHじゃないのは辛いんだってばよ…。
しかも、お兄ちゃんは抱かれてるとこ見られちゃって
ショック受けて自殺未遂しちゃうし…。
松山×神谷の絡みは、この見られてしまう1シーンだけしか
ないんですけど、非常にエロい。松山さんがエロおやじで(笑)
神谷さんは儚いですよ。消えてしまいそうです。
西賀(遊佐)さんとくっつけばいいのにーと思いながら聞いてました。
遊佐×神谷って素敵じゃない?(笑)

最後はもちろんハッピーエンドなので、ご安心を。
鳥海さんはSっ気のある攻めは生き生きと演じてる気がしますよ(笑)
最後の幸せHの時より、無理矢理やってる時の方がね、
なんか楽しそう。声が(笑)

フリートークも面白かったです。
遊佐さんが「おっす!」って出てきた(笑)

【CD】身勝手な狩人



原作 愁堂れな  イラスト 蓮川愛 (キャラ文庫)

<CAST>
高瀬智嗣 神谷浩史
岩崎開 高橋広樹
ケビン・フォース 一条和矢

【あらすじ】
一流商社に勤める高瀬智嗣(たかせさとし)の秘密――
それは高校時代に、好奇心から親友とセックスしていたこと。
ところが、六年間音信不通だったその親友・岩崎開(いわさきかい)が
新入社員として配属されてきた!!
その上、以前よりずっと大人びた開に
「またセックスしよう」と誘われてしまう。
なぜ開は僕を抱くんだろう――。
開の意図がつかめないまま、繰り返し求められ、
快楽に溺れてゆく智嗣だったが…!?


原作は知らない(まただよ) キャストですよ、キャスト。
ヒロキ×ピロシ!って、あんた!聞かなきゃ!(笑)
え~と、話の展開は読めますけども。
っていうか、最初から好き同士なんだもんよ。
お互い言うこと言わないからすれ違ってるんだけど
どう考えてもね、好きじゃなきゃ抱かないし、抱かれないだろうと(笑)
でもねぇ、智嗣はすごく開のこと好きなのに
開の気持ちがなかなか見えないから非常に可哀想でした。
また高橋さんがね、すごく気持ちが読めない演技なんだ!
飄々としてて、言い方が軽いのがさ~
誤解されるっちゅーの!っていう、演技なわけ!
上手いけれども(笑)智嗣が可哀想なんだよ!と。
途中、無理矢理Hがありまして、智嗣が泣いちゃうんですけど
これがまた可哀想なのよ!神谷さんが上手いのよ。
ま、その後すぐに気持ちが通じ合うんでいいんですが。
そこらへんはファンタジーなBL。あまり泥沼にはならない(笑)
間男ちっくに出てくる一条さんですが、
これまた普通に喋るだけでもエロいですよ。どうしたもんか。
もう少しね、どうにかできたんじゃないのか?っていう
使われ方ですけども、このケビンさんって方。
なんかもう少し悪い男のほうが良かったんじゃない?
変にいい人すぎて、ちょっと微妙でしたよ。

【CD】恋愛トラップ



原作 藤崎都  イラスト 蓮川愛 (角川ルビー文庫)

<CAST>
辻井忍 鈴村健一
日高紘司 諏訪部順一
片岡遼一 置鮎龍太郎
篠原冬弥 千葉進歩

【あらすじ】
あんたと俺、絶対にカラダの相性いいぜ?
綺麗で真面目な風紀委員の忍は、立ち入り禁止の屋上で、
顔も頭もいいけど校則違反常習者の後輩・日高を発見する。
注意しようとした途端、寝ぼけた日高に突然キスをされ、
「あんたは俺の運命の恋人だ」なんてムリヤリ口説かれることに!?
強引&横暴な年下・日高のワナに堕とされていく、勝ち気な忍の運命は?

謎の新ユニットSTA☆MEN 自家発電的BLCD・その1(笑)
毎度おなじみ、原作知らずに聞いてますよ。
諏訪部×鈴村…というと、鴇雪ちゃんに借りた
【虜にさせるキスをしよう】と同じキャストだなぁ~と思って。
で。聞いた感想はといいますと…スズケンは美人声ではない。
可愛い系の声はOKだと思うのですが、“綺麗な”って
形容詞がつくような人の声のイメージではないな。
スズケンが喋るとどうしても可愛い受けを想像しちゃうのです。
蓮川さんのイラストがあるから余計にそう思うのかもしれないけど。
諏訪部さんは俺様攻めで、あいかわらずカッコよかったです。

こういう身体の関係から始まる話は
どこで恋愛感情に変わったのか、というのがわかりにくい。
えてして、BLの受けは感じやすい身体だったりして(笑)
そんなもんだから、上手い攻めに迫られると大概の場合
Hは最初から気持ちいいものなのですよ。初めてが無理やりでもね。
でも気持ちは付いていってないわけで。
そこからの気持ちの推移が問題になってくるんだけど
そのあたりの描写が微妙だなと思いました。
…って、原作読んでたらそんなことないのかしら(笑)

【CD】締め切りのその前に!?



原作 藤崎郁  イラスト こうじま奈月(角川ルビー文庫)

<CAST>
都筑智久 下野紘
不破総一郎 置鮎龍太郎
押領司俊也 檜山修之
伊川愁 水島大宙

【あらすじ】
都筑智久は少年誌の売れっ子高校生漫画家。
憧れの担当編集・不破総一郎に、意を決して告白したんだけど、
緊張のあまり口から出たのは
「この原稿が欲しかったら、オレと付き合って下さい!」
なんて脅迫まがいの一言。
ところが、怒られると思ったのにすんなりとOKされちゃって!! 
おまけに「信じられないなら抱いてやるよ、
原稿も終わったことだしな」って――不破さん、もしかして
オレの原稿が欲しいだけ!? 
学業・締め切り・恋愛ごと。高校生漫画家には苦悩や苦難が目一杯。
編集vs漫画家のノンストップ☆ラブバトル。


はい。原作知りません。
下野さんが、ちゃんと絡んでるの聞いたことないなー
攻めがオッキーさんだからハズレてないだろうなーと思って(笑)
で、聞いてみたわけですが、これがなかなか可愛かった。
最初に告白してOK貰って、両思い~のハズなのに
お互いにいろいろ考えすぎて、すれ違いまくってる二人。
うんうん、下野さん可愛いぞ。なかなか…うんうん。
イトコ役の檜山さんですが、かなり抑えた低い落ち着いた声なんです。
話をもうちょいややこしくするなら智久狙ってもいいんじゃない?
ってくらいの低音ボイス!カッコイイよ!でも落ち着きすぎ。

話の流れはまあ…わかりやすいので(笑)
あまり不安になることなく、流して聞けるのがよい感じ。
危なくなったら助けに来ます!みたいな展開は
わかっていても、「キター!」って思いますしね( ̄▽ ̄)

【CD】囚われの楽園で王子(きみ)と



原作 真船るのあ  イラスト こうじま奈月

<CAST>  
鳴海陸 平川大輔
シャイール 浜田賢二
サリーム 杉田智和
アキム 伊藤健太郎

【あらすじ】
鳴海陸(なるみりく)は、『予知夢』という不思議な力がある。
ある日、陸のクラスにルシディ王国から王子が転入してきた。
王子転入日の夜。陸は王子の夢を見た。
一体なんの予知夢…!?と思ったら陸は王子様のお気に入りに。
そして夏休み。陸はルシディ王国に招待されることに。
王族専用機で着いた先は豪奢な宮殿。
だが実は、招待ではなくて…!?


へい!原作知りませんよ!(笑)
そして中東モノって初めて聞いたような気がいたします。
浜田さんの声は王子が若いってこともあって、いつもよりは若干高め。
でも拉致って来るときとかはかなり低めのSボイスですよ。
なんてったって王子なので俺様だしね(笑)
平川さんは、のほほ~んとしたヘタレ声。
まあ、拉致られる高校生なので、可愛くていいんですけどね(笑)
可愛いのにHシーンになると色っぽいのは何故だろう~。
お付き役は杉田さん。こういう寡黙でかっこいい役似合うなー。
イトケンさんは意地悪なお兄ちゃんなんだけど
もう少し悪さしてほしかったですねぇ。本人もコメントで言ってたけど。

ネタバレになるので書きませんけど
とある理由から、二人の絡みは最後あたりまでないのですよ。
でもなぁ、2回あるうちの最初の方をじっくり聞かせてほしかったんですが。
いや。ほら。初めてが萌えたりしますでしょ?(何が)
あいかわらず平川さんの受けが可愛いので照れました。

【CD】花嫁は二度さらわれる



原作 愁堂れな  イラスト蓮川愛 (リーフノベルス)

<CAST>
月城涼也 小野大輔
キース・北条 石川英郎
ローランド 三木眞一郎

【あらすじ】
警視の涼也は、ICPOの刑事・キースと
共に盗難予告のあった宝石の警護にあたることに…。
尊大で傲慢なキースの 態度に涼也は反感を覚えるが、
なぜか目を逸らすこともできないでいた。
そして予告当日、宝石を奪われた挙げ句、
涼也までもが捕らわれてしまい──。


はい。原作知りません。
蓮川さんのイラストで引かれて、キャストで決定(笑)
おのでぃ受け初めて聞いたけど、いいね!!(゚∇^d)
すごく真面目で硬い声出してんのに
絡むときはちょっと高くなるのが可愛いったら。
この時、絡みがある受けをするのは3度目だったそうで
しかも事務所の先輩以外と絡むのは今回が初めて。
初々しいのう…(* ̄▽ ̄)ノ
そして相手の英さんがこれまた低音の超かっこいいボイスで
攻めておりますので、良い感じ~~!!!
尊大で傲慢と書かれているように、かなり俺様ですが
涼也のことになると必死。こういう攻めはいいな。
ツンデレだ。攻めのツンデレ(笑)
涼也を狙うもう一人の男。ローランド。
三木さんはこういうちょっとキてる役は
生き生きして演じてる気がします(笑)

フリートークも面白かったですねぇ。
英さんがまた愛猫ラップちゃんを語っていた(笑)

【CD】耳をすませばかすかな海


原作 崎谷はるひ  イラスト おおや和美 (角川ルビー文庫)

<CAST>
大沢笙惟 神谷浩史
宮上和輝 鳥海浩輔
宮上瀬里 野島健児
中河原大智 小西克幸
藤木聖司 鈴木千尋
林田真雪 松岡由貴

【あらすじ】
謎めいた年上の男は、どんなに強く抱きしめても、心だけが―遠い。
全てに秀でている事が、逆にコンプレックスになっている
大学生・宮上和輝。何もかもに鬱屈していた高3の夏、
ただ一度勢いで肌を重ねた年上の男・笙惟と偶然再会する。
和輝の矜持や兄・瀬里への執着を、子供の甘えと鼻先で笑う彼の
甘い毒のような色香に翻弄されるのは、いっそ心地よかったが
だからこそ真面目に向き合おうとする和輝に、
彼は底の見えない瞳で笑うばかりで―。


実は私は崎谷はるひさんが苦手だったりする。
正確に言うと、崎谷さんの絡みでの受けが苦手だ。
喘ぎすぎるというか、受けがね、言ってることとかが
女性っぽく感じられるのです。
AV女優みたいに見えて、あまり好きじゃないんです。
これはホントに個人的な意見です。ご了承ください。
キャストだけで聞いてるこのシリーズですが、
最初聞くときはかなりの覚悟を決めて聞いたのです。
まあ、そこらへんはCDになると抑えられてて良かったです。

とはいうものの、開始3秒で喘ぎ声が聞こえてきた日には
ちょっと、あたふたしてしまいました(笑)
すごいですよー。今回の神谷さんは
誘い受けです!魔性受けです!女王様受けですー!
「遊んでやる」とか「おいで」とか言っちゃってさー!
最初ナンパしてるあたりは、和輝@鳥海が完全に喰われてます!
いや、和輝が攻めなんだけど(笑)でも喰われてます。
世間で神谷さんの女王様受けが絶賛されているのは
知っておりましたが、これはかーなーりーキた!
なんでもないセリフでさえ色っぽい。いや、エロい。
でも声のトーンの変え方とか抑揚の付け方とか絶妙ですね。
年上の女王様(笑)笙惟に振り回されているので
鳥海さんの和輝はちょっと高めの声かな。ヘタレわんこです。
でも最後に逆襲かましてるときはちょっと低い攻めモードだが。
2枚組みなのですが長さは気になりません。
Hシーンもそれぞれかなり濃いですよ。エロです、エロ。
だって二人ともエロいんだもん(笑)
主導権握ってない最後のHは笙惟が可愛いです♪

フリートークは二人のDJトークが面白すぎます。
みんなああいうイメージなのね、DJって( ̄▽ ̄;

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。