プロフィール

たつきち

Author:たつきち
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

読書カレンダー

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

楽天トラベル

QRコード

QRコード

楽天市場

OVA SEX PISTOLES

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【CD】可愛いひと


原作 紺野けい子

<CAST>
篠田ナツ 鈴村健一
池内智弘 神谷浩史
慎一 飛田展男
皆川晴彦 高橋広樹

【あらすじ】
エッチの経験もないのに、遊び馴れたふりで
片思いの後輩・池内に告白した篠田。
そんなけなげな篠田の姿を見て、
グラリときてしまった池内は篠田の可愛さにだんだん夢中になっていく。
クールな池内×罪つくりなほど純情な篠田センパイの
ミダラで一途な学園ラブライフ。


はい。原作は知りません~。
昨日の受けは今日の攻め(笑)
ということで、神谷さん初攻めだったらしいですよ、これ。
どんなもんだろう?と思って聞いたのですが悪くはない。
女の子にもモテて、篠田くんが「カッコイイ」と思ってる
池内くんの、男前な感じがよく出てた。さすが神谷さん、お上手。
だが、しかし。
神谷さんは受けだなぁ~(笑)
絡みのシーンになると、なんかもう受け子ちゃんが
二人でいちゃいちゃしてるようにしか聞こえません( ̄▽ ̄)ノ
クールビューティ受け×天然可愛い子ちゃん受けみたいな。
いや、ちゃんと攻めてらっしゃいますがね、神谷さん。
話そのものが可愛いので、安心して聞けます。
篠田のためにBLを研究(?)したりする池内も可愛いしな。
頑張りすぎてから回ってるし。

そして絡みはないものの、慎一と皆川の二人が気になります。
原作ではどうなってんのかしら??
スポンサーサイト

【CD】フリージング アイ

フリージング アイ (リンクスロマンス)フリージング アイ (リンクスロマンス)
華藤 えれな 雪舟 薫

幻冬舎コミックス 2004-12-25
売り上げランキング : 148040
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

原作 華藤えれな  イラスト 雪舟薫 (幻冬舎コミックス)

<CAST>
若宮法顕 堀内賢雄
早瀬義弘 神谷浩史
倉橋柊一 櫻井孝宏
冴木鷹成 森川智之

【あらすじ】
男から「好きだ」と告白され、早瀬義弘は唖然となった。
相手は同僚の敏腕弁護士・若宮法顕。その時は軽くいなしたものの、
後日社長から若宮の補佐を命じられる。
倉橋物産は米企業から訴えられていたのだ。
若宮の誘いに早瀬は辟易としながらも、自分と正反対の若宮に惹かれてゆく。
そんな時、裁判に勝ったら「俺のものになれ」と若宮は言った。
どうせ勝ち目のない裁判だ…早瀬は若宮の挑戦を受けるのであった。


なんかBLCDの感想が神谷浩史祭りみたいになってきておりますが(笑)
えーと、この話は【スレイヴァーズ】シリーズの番外編(?)になります。
本編の方は櫻井さん好きのSちゃんにお任せして…というか
薦めまくって購入してもらっちゃいました。某ま●だらけで( ̄▽ ̄)
そこまでさせてSちゃんに本・CD、両方借りたのに、
本編はまだ読んでなくて聞いてません(ヒドイな:笑)

早瀬@神谷さんが超ツンデレですよ!クールビューティー!
こういう役が似合うなぁ~(* ̄▽ ̄)
迫られたり、絡むシーンになると、ちょっとわたわたするのが
可愛いんですよね。また、神谷さんが上手いから~。
賢雄さんは、攻めにしてはちょっと高めの声を出してるかな?
たぶん、冗談言ったりダジャレ言っちゃうような
ちょっとお茶目(笑)な性格の人だからだと思うんですけど。
でも切れ者で、仕事できる役なので、やるときはやるんですよ。
もちろん、いい声で喋ります!!(笑)

これ、原作の書き下ろしの話もCD化してくんないかなー。
京都編聞きたいー。

【CD】恋愛協定~抜け駆けナシ!


原作 鹿住槇  漫画 桜城やや (徳間キャラコミックス)

<CAST>
五十嵐雅巳 神谷浩史
小林龍二 諏訪部順一
立樹史郎 鈴木千尋

【あらすじ】
高二の雅巳は親友の史郎に片想い中。
そんな雅巳の気持ちに気づいたのが、同級生の龍二だった。
なんと龍二は、自分も史郎が好きだと言う!!
二人はお互いを牽制するために、恋愛協定を結ぶ。
だが、雅巳は龍二から、
「史郎への欲望を抑える代わりに、おまえを抱きたい」
と言われ、抵抗できずに抱かれてしまうが・・・!?


原作は借りて読んでました。おぉ!珍しい( ̄▽ ̄)
それもこれもSちゃんのおかげ(笑)
すごく気に入ったとか、大好きな作品だとか、
そういうのはなかったけれど、キャスト見たら、
諏訪部×神谷って!!これは聞かないといけないでしょ!!(笑)

というか、こんなエロ声の高校生いないってばよー!>諏訪部さん
「おれ、上手いぜ?」とか、聞いてて「ひぃ~~」ってなります(笑)
案の定、神谷さん演じる雅巳は、ぐるんぐるんしてますよ。
原作読んでたときは、それほど思わなかったんですけれども
わたわたしている雅巳が可愛いです。
わりと必死な龍二も可愛いです。高校生って青いよね…ふっ( ̄ー ̄)

龍二と気持ちが通じ合ってからの雅巳は可愛さ倍増です。
Hするのも突然焦りだしたりしてね(あ、あれは体育倉庫だからか?:笑)
「ラブラブ」って言えなくて噛むし、声小さくなってくし。
神谷さんの「そう、その・・・ラッ・・・ラブラブ・・・」って
言い方がめちゃくちゃ可愛いっちゅーねーん!o((><o))((o><))o
あ、可愛いといえば、史郎@千尋さんが、小悪魔ちゃんです(笑)
ある意味、最強。誰があんな男前キャラだと思うだろうか。
可愛いのになぁ(笑)

【CD】エゴイストの純愛



原作 遠野春日  イラスト 高宮東(ビーボーイスラッシュノベルズ)

<CAST>
松八重大介 遊佐浩二
花本行彦 神谷浩史
安池俊 堀内賢雄
狭山由高 一条和矢
近見龍一 渋谷茂

【あらすじ】
松八重グループの御曹司である松八重大介は、
TV局の廊下で偶然見かけた清楚な面差しの青年に興味をそそられる。
中堅タレント事務所のマネージャーだという花本行彦を手に入れようと、
グループが大口スポンサーとなっているドラマのキャスティングに、
行彦がマネージャーを務める俳優・安池俊の名前をちらつかせる。
行彦と半ば強引な形でベッドを共にした大介だったが、
安池のためを思い、体を差し出すことに甘んじる行彦に、
一晩限りの関係ではどこか満たされない思いを抱いてしまう。
その後、幾度もの逢瀬を重ねるうちに、
自分でも気付かない熱い何かが胸の内に宿り始めていたことに気付く大介。
嫉妬にも似たその感情は、すれ違いの末、
行彦にとって最も辛い形で彼を追いつめてゆき…。


えーと、毎度のことながら、原作は知りませんがね。
「エゴイストの純愛」と「エゴイストの焦燥」という
二本分のSTORYが収録されているのですが、入れなきゃ駄目でしたか。
純愛だけにしぼって、じっくり作ったほうがよくなかったかなぁ。
なんていうか、2つの話を入れたから、最初に二人がちゃんと
くっつく話である「純愛」の方がすごく駆け足な展開なんですよ。
もったいない・・・。

遊佐さんが冷酷非道なオレさまタイプの攻めですよ!
いいですね~。Sっ気が前面に押し出されております。
超偉そうな口調がたまらん。
でも受けのことを愛するあまり暴走したりします。可愛いな(笑)
神谷さんは今回、儚い綺麗系…と、イラストから想像してたら
わりと元気な声で出てきてびっくり。
でも、ちゃんと儚くって守ってあげたくなる感じ。
ヒドイことされても耐えてるあたりが、涙ぐましい…。
遊佐さんとの声の相性も、なかなか良いですな( ̄▽ ̄)
秘書の一条さんが、絡みもしない、ちょっとした出番で
少しだけ話す役であるにもかかわらず、エロい声で喋ってます(笑)
フリートークもなかなか面白かったです。

【CD】恋泥棒を捜せ!



原作 谷崎泉  イラスト 藤井咲耶(二見シャレード文庫)

<CAST>
春日野美雁 神谷浩史
神園修慈 大川 透
マーク・スペンサー 諏訪部順一
藤吉 水島大宙
倉重 浜田賢二

【あらすじ】
大手航空会社【パンダ航空】の客室乗務員・春日野美雁は、
若手ナンバーワンとの呼び声高いパイロット・神園修慈との
肉体関係を清算しようと決心し、一方的に別れを告げた。
しかし、乗務したファーストクラスで投資家マーク・スペンサーに
その身を狙われ、勤務中であるにもかかわらず
耐え難い恥辱を味わわされてしまう。
麗しい姿とは対照的なストーカーじみた行為によって、
ついにマークの手に墜ちた美雁。
助けを求められるのは、自分から別れを告げた神園しかいなくて…。


話はね、ちょっと納得しきれないというか…。
原作読んでないのが悪いのかな。未読なもんですから(またか)
なんというか、受けと攻めの心がハッキリしない~~~。
神園は美雁だけだと言いながら美女と浮気を続けるような男だし。
美雁もHでごまかされてる気がしないでもないし。
好き同士なんだろうけどさ、最後にくっついたっぽい展開に
なっているけれども、イマイチしっくりこないんだな…。

神谷さん@美雁はちょっとツンデレ気味。
場を丸くおさめるために「その場しのぎの言葉ですからね~!」って
目力でわかってもらおうとするあたりが可愛すぎですが(笑)
別れようとするのをやめないんだけど、Hに突入しちゃうと
「して…お願い」とか言ってしまう美雁ちゃん!エロスですね!
大川さんは浮気性な役なので、わりと軽めの声です。
だめんずとはこういう男だ!って感じ(笑)
あ。でも攻めるときはいい声出します。当たり前か。
そして、そして。
出た!出ましたよ!諏訪部さんの外国人キャラ( ̄▽ ̄)
また、や~らしい声で喋ってますよ。ふふふふふ…。
でもマークは、ちょっと当て馬ちっくで勿体無いなぁ。

【CD】暴君のカジョーな愛情



原作 かのえなぎさ  イラスト 桜城やや(リーフノベルス)

<CAST>
伏見 友巳 下和田裕貴
武藤慎吾 鳥海浩輔
久世巧一 高橋広樹
遠山真琴 平川大輔

【あらすじ】
学年で狂犬と恐れられている武藤。
その彼を勘違いで殴ってしまった友巳は、
以来セクハラまがいの仕打ちに耐える日々を送るハメに!
なまじ女の子より可愛いから、
「お前の泣き顔はソソるんだよ」なんて言われ、
繰りだされるプレイは日々エスカレート!
なんとか逃げまくっても、結局は捕獲されてお仕置きをされる始末で…。
だけど過剰な愛撫攻撃に、彼の変人っぷりに翻弄されてたはずの心と体は、
次第に快感を覚えてしまう。
そのうえ、武藤の意外な優しさに不覚にもドキッとしちゃって―。


学園もののBLで、セクハラまがいの仕打ちを受けるとはいっても
コメディタッチなので暗い展開になるわけでもなく、
わりと王道な進み方をする話だと思うので安心して聞けます。
学生さんだから変な駆け引きもないしね。
それぞれの思いは、通じるまですれ違いまくってますが(笑)

原作付きでお借りしました。面白かったです。
なので読んでから聞いたのですが、ちょっと失敗したかも…。
うーん、なんていうのかな。
桜城ややさんのイラストから想像する声よりも、下和田さんが高い。
子供すぎるというか…。悪いわけじゃないです、可愛いんだけどね。
あとの3人は良かったですよ。イメージ通り(笑)

事務所の先輩×後輩だったらしい主人公カップルですが。
鳥海さんが嬉々として、ドSな攻めをやってますよ。
フリートークでも言っておりましたが本人もSらしい。
絡みのシーンでは、下和田さんが可愛すぎてエロが足りない分、
鳥海さんでフォロー。攻めでもしっかりエロい(笑)
しかし私は主人公カップルよりも、巧一×真琴の方が気になる。
だって、高橋×平川だぜ?! ぐわー!聞かせろー!(笑)

【CD】花嫁くん



原作 星野リリィ(芳文社 花音コミックス)

<CAST>
葵 鈴村健一
艸田慎二 平川大輔
竹牟礼 岸尾大輔
艸田三咲 水橋かおり

【あらすじ】
花嫁が男のコでも良いですか?
艸田家代々のしきたりによって、
男同士で結婚させられることになった慎二。
親類の中から選ばれるというお嫁さんは同じクラスの美少年、葵だった!
男と結婚なんて考えてもいなかった慎二だが、
健気で可愛い葵に心は揺れて……!?
星野リリィが贈る、甘~いウェディングラブストーリー!


・・・なんだ、こりゃ(笑)  なんという、とんでも設定!
しかし、こんなしきたりあったら困るやろなー。
次男に生まれたらドキドキもんだ。

なんというか、わりと最初のへんから主人公カップル(?)が
ラブラブなまま進んでいくので、いろいろと恥ずかしいCDです(笑)
というか、葵がね。あまりにも乙女で困ったよ。
乙女な受けが嫌だとは言わないけれど、もうほぼ女性だもの。
フリートークで鈴健さんも「女性的にとらえて」って言ってましたけど。
それに葵が泣きすぎて、ちょっとうざかったです…( ̄ー ̄;
基本的にちゃんと「男の子・男の人」な受けが好きなので
あんまり…な感じだったかなぁ。
それ以外は特に私としては問題なし。
平川さんも岸尾さんも良かった。フリートークも面白かったし。

【CD】恋のシーズニング



原作 伊郷ルウ  イラスト 麻々原絵里依(講談社ホワイトハート)

<CAST>
藍沢学斗 杉田智和
高杉宝翔 置鮎龍太郎
藤之宮智幸 福山潤
中村啓介 成田剣
五十嵐聖也 中田譲治
城ヶ崎透水 石川英郎

【あらすじ】
料理人として腕に自信のある藍沢学斗は、
まだ一人前とは言えないが、著名な書道家・高杉宝翔の家で、
専属の料理人として住み込みで働いている。
好きでもないのに高杉に抱かれてしまった学斗は、
そのことで頭を悩ませていた。
だが、学斗を本気で好きな高杉は、お構いなしに迫ってくる。
そんなとき、学斗はばったりと顔を合わせた元恋人に風俗店で働けと言われ…。


原作は未読。
2作目なんですね、これ。ちなみに1作目聞いてません(おーい)
これまた音響監督が井上和彦さ~ん。
井上さん、攻めにオッキー使うの好きなのかしら?
私が続けて聞いただけ?(笑)

2作目ということもあって、学斗と宝翔は
好き同士なんだけど、素直になってないという状況。
元恋人が出てきても宝翔との間で揺れ動くという話じゃないので
あまり大きい展開や、ドロドロしたものはないかな?

とにかくですね、これは受けてる杉田くんを聞いてみたかったの(笑)
私が聞いたBLで絡んでる杉田くんは【騎士堂倶楽部】だけなんだけど
それ一本だけでも、攻めのイメージが強かったのです。
でも【BL裏話Vol.6】で「受けが多い」と発言されてたから
ちょっと聞いてみようかと。好奇心ですよ、ええ( ̄▽ ̄;
そんなに受け声を作ってるわけじゃないので
好き嫌い分かれるんじゃないかなーと思いました。
ちなみに、私は大丈夫でしたよ。
なんかね、フリートークで、絡んでるときの声が「戦ってる」って
みんなに言われてるのが可笑しかった(笑)
そして絡みはないけど、学斗@杉田の元恋人が、中田譲治さんって!
誰ですかー!キャスティングしたのは!(笑) ビックリしたよ。

【CD】きみのとなりで眠りたい



原作 角田緑(二見書房)

<CAST>
倉持裕人 福山潤
高須美由紀 置鮎龍太郎
倉持肇 成田剣
新名 檜山修之

【あらすじ】
俺には高須が必要なんだ
温もり、呼吸する音、心臓の音、なにもかもが安らぎを与えてくれる
大学生の裕人が一人暮らしを始めたその部屋は
チェーンが壊れて使えなくなっていた…。
それをいいことに、隣人・高須が勝手に裕人の部屋に侵入してきて大迷惑。
針金一本で鍵を開ける特技を持つ高須は
毎晩ずうずうしく裕人の布団に潜り込んでくるのだ。
人とつきあうのが嫌いで、誰とも関わり合わずにいたいと思っていた裕人だが、
高須のペースに呑み込まれ、次第に心を開き始めて…。


はい。原作知りませんよー!(またか)
音響監督が井上和彦さんでビックリ~!!!

なかなか面白かったです。
マジメな話になりそうなんですが、楽しくまとめてました。
裕人はちょっとトラウマのある医大生で、
じゅんじゅんにしては低めの声出してます。
高須に心を開き初めてからはすごく可愛いです(* ̄ー ̄)
オッキーさんは、攻めの時は低い声出すことが多いんだけど
これはキャラの性格もあってか、かなり明るめの軽い感じです。
かなりギャグっぽいところも、さすがにお上手なので安心して聞けます。
真剣なところの声の変わり方とかが素晴らしい。
絡みはわりと長めですが、この二人はわりと相性いいんじゃないかな~。
成剣さんがノンケな役だった(笑)
二人を引き離すのも、裕人を思ってのことなので
それほど嫌な役になってません。
高須 VS 肇 って感じの構図ができてて、かなり面白い。
檜山さん演じる新名は、肇さんが好きらしいが、この二人に進展はないらしい。
CDブックレットにそれらしきことが書いてあったと思う。
まあね、誰でもくっつけりゃいいってもんじゃないし(笑)

【CD】ドラマティックな恋愛契約


原作 水上ルイ(角川ルビー文庫) イラスト こうじま奈月

<CAST>
速川爽二 吉野裕行
花房敬吾 一条和矢
速川陽汰 岸尾大輔
真堂秀隆 子安武人
桜岡幸次 平川大輔

【あらすじ】
両親を失い、愛する兄と二人で暮らしていくお金を稼ぐため、
自分の美貌を最大限に生かし、援助交際をする決心をした爽二。
オヤジどものいやらしい視線に晒されながら街角に立っていると、
目の前に驚くほど美形の男が現れる。
「この人になら抱かれてもいい」と思った爽二は、
衝動的に声をかけてしまうのだが・・・その男が、
爽二の通う超名門高校の若き教頭・花房だとわかって・・・!?
体から始まるシンデレラ・ラブロマンス!!


これは2作目です。「ロマンティックな恋愛契約」が一作目。
「ロマンティック~」は真堂さんが子安だったので聞くのは断念。
まあ、前作を聞いていないとしても、
これだけ聞いて大丈夫な作りなので気になりませんでしたが。
話はお互いの気持ちがすれ違いまくって誤解が誤解を生みまして…
みたいな、まあBLにはありがちな(笑)話です。

もちろん原作は知りません(笑) 一条さん目当てで借りたのです。
よっちんの声は、可愛い系の時ってちょっと苦手なんですよねぇ。
普通のトーンで話してる声が好きなので。
かなり心配でしたが、まだ大丈夫な方だったかな?(笑)

今日、本屋で見てみたら、3作目は今回の話で爽二に告白して
フラれるテニス部のキャプテン幸次くんが主人公なんですねー。
しかも受けでしたよ。驚いた(笑)
そしてキャストで考えたら平川さんじゃないですか!
これは是非ともドラマCD作っていただかないと。
相手の外国人は誰がいいかなぁ~。←妄想開始

【CD】だまされたい


原作 きたざわ尋子(白泉社 花丸文庫) イラスト 赤坂RAM

<CAST>
片瀬理人 森川智之
田村深里 岸尾大輔
長岡信乃 井上和彦
松崎勇真 宮田幸季

【あらすじ】
元芸者の母の死後、その旦那の息子・片瀬と暮らす田村。
一流の詐欺師である片瀬は田村に常に最高の物と快楽を与え続けるが、
仕事については一切、教えてくれない。
片瀬の仕事を少しでも知りたい田村は・・・。


はいー。原作知りませんよー(笑)

森川さんが、非常~にいい声で喋ります。
詐欺師だから悪いことしてるときは悪い声だし。
でも深里に話す声は優しかったりして。
信乃のとこに迎えに来たときの「深里、おいで」がめちゃくちゃ優しい!
深里じゃなくても付いて行くさ(笑)
最後のコメントで言う「騙されなさい」でさえ、いい声~!
岸尾さんは、まあ大人の役ってことで、押さえ気味かな。
これくらいの声が好きかも。
森川×岸尾は、安心して聞けますねぇ…。

この話も長いシリーズみたいで、信乃×勇真のお話もあるとか。
実は片瀬×深里はサイドストーリーで、ほんとは
信乃×勇真が本編ってどこかで見た気がするのですが(笑)
でも、信乃たちの話も聞いてみたいなぁ~。
井上さんと宮田さんでキャストできてることですし( ̄▽ ̄)
ラストのコメントで宮田さんが言ってたのですが、
いちゃいちゃしてるわけじゃないのに、信乃と勇真って
すっごいラブラブな雰囲気を出してるんですよね(笑)
そこへいくまでの話を聞いてみたいもんです。
あ。原作読めばいいのか(笑) いやいや、是非声付きで(^-^)

【CD】あやかし草紙


原作 嶋田まな海(白泉社花丸文庫) イラスト こうじま奈月

<CAST>
影蔵 石川英郎
幸之助 岸尾大輔
朔夜 鳥海浩輔
紫崎 千葉一伸
ハル 下和田裕貴
アキ 宮田幸季
渋谷 福山潤

【あらすじ】
未知数の法力を持つ高校一年生の幸之助は、
裏山でケガをした一羽のカラスを助ける。
そのカラスは実は天狗の影蔵の化身。
恩返しというより単に一目惚れで、
人間に変身して幸之助に近づいた影蔵は・・・!


原作は未読。
はいっ!昨日の受けは今日の攻め(笑)
英さんがちょっと突っ走り型な、受け一筋の元気攻めです。
でもヘタレ。ある意味わんこ。
岸尾さんは高校生役とはいえ、あまり高すぎない声でよし。
この人はホントいろんな声を使い分けますね。感心する。
高すぎない岸尾さんの代わりなのか、
下和田・宮田コンビの声の高いこと、高いこと(笑)
まあ影蔵のペットの可愛い狐さんだからしょうがないかもしれないが。
同じ高音でも、宮田さんの方が好きかなー。
今回の鳥海さんは、素敵に変態ちっく。鬼畜な感じが良いですよ。

話は…ファンタジーなんで、そんなもんかなーと。
ただ、とりあえずコメディ路線をひっぱりたいのかもしれませんが
影蔵と朔夜が戦う理由くらいは、ちゃんとシリアスなものが欲しかったです。

【CD】ボディーガードは愛を継ぐ


原作 高月まつり(角川ルビー文庫) イラスト 蔵王大志

<CAST>
高中紗霧:石川英郎
朝比奈穏香:緑川光
志田原:納谷六郎
村瀬智宏:鳥海浩輔

【あらすじ】
超有名ボディーガード会社“ガーディアン・ローブ”に
所属する高中紗霧はワンコ気質の腕利きガード。
死の床にある元の主人から、
弱冠二十歳の財閥の後継者・朝比奈穏香を新しい主人として託される。
顔合わせでいきなり「生涯俺だけを守れ」と
告げてきた暴走気味の穏香に反発しながらもガードする紗霧だったが、
「俺はお前を残して死んだりしないから」と真剣に愛を告げられ
胸がキュンとしたところを、押し倒され
自らねだるほどの快楽を与えられるが…!?爆笑ラブバトル。


緑川さんは苦手なのですがね、ワンコ先輩が好きなので
頑張って聞きましたよ。英さん受け~♪
・・・と喜んで聞き始めたものの、
やはり、やはり、辛かったよ・・・_| ̄|○
原作がついていけないテンションで辛かったのにプラスされて
緑川さんの穏香がなぁ・・・聞くの辛かったよぉ。
テンション高い芝居がダメなのか、緑川さんがダメなのか(笑)
英さんのワンコ具合は前作同様可愛いったらありませんよー。
前作は後輩を見守る大人な先輩って感じがしてたけど
今回は穏香に振り回されてるから、オタオタしてる(笑)
でも、ちゃんと締めるところは締めますよ!みたいなね。

トラブル・メイカー


原作 阿川好子(コアマガジン)

<CAST>
榊慎二 小西克幸
佐々木秀 櫻井孝宏
松崎博明 東地宏樹
榊健一 平川大輔
石井五郎 乃村健次
松崎アキラ 福山潤


3組のカップルの話です。
小西×櫻井 東地×平川 乃村×福山
小西=社長で、東地=秘書
ちなみに平川=兄で、小西=弟
そんでもって東地と福山は従兄弟。

なんて狭い世界の話なんだ(笑)
これは数少ない原作知ってて聞いたドラマCDです。
たしか敬語攻めが最近ブームなんだーって話を
某まんだ○けでしてた時に鴇雪ちゃんからオススメされたんですね。
えーと、正確に言うと敬語攻めは東地×平川だけでしたが(笑)
でも一番好きな話だからそれはそれで良かったってことで。

はい。昨日の攻めは、今日の受け(笑)
私が一番好きなカップルは松崎×健一なので、今回の平川さんは受けですよ。
健一は天然さんでワーワー騒いでるので可愛いです(笑)
東地さんの松崎は渋い低音で攻めております。もちろん敬語よ!
秘書だからほとんど、ずっと敬語ー!
いい声が敬語で話すって、なんて素敵なんでしょう(笑)

あとの二組は、話もキャストも王道な感じなので、
特になんの心配もなく聞きました(笑)

【CD】プリーズ・ミスター・ポリスマン!


原作 竹内 照菜

<CAST>
橘行弘 千葉進歩
六条成湫 平川大輔
千葉直行 うえだゆうじ
黒坂乙彦 遊佐浩二
大河原警部 梁田清之

【あらすじ】
愛してるって言ったら、――――――――怒りますか?
エリート警部補・橘行弘は新任の挨拶に行った会社で、
大学時代一度キスを交わして突然姿を消した同級生・六条成湫と
衝撃の再会を果たした。
大物ヤクザになっていた成湫に戸惑いながらも
今まで忘れられずにいた行弘は、お互いの立場も忘れて惹かれていく。


はい。また原作知りません(笑)
今ちょっと調べたら、とても長いシリーズなんですねぇ。
ヤクザと警部補。禁断の愛ですね。こういうの萌えますね(笑)
さらに!ヤクザだけど敬語で攻め。ヤクザといってもインテリ。
大学時代、行弘を「ユキ」って呼びたかったけど呼べなかったから
猫に「ユキ」って名前つけて呼んでるような可愛い一面もあり(笑)
しかも平川さんがいい声でしゃべってますー!
平川さんの受けが好きなんだけど、攻めもいいなぁ~( ̄▽ ̄)
ユキ相手に喋ってる時とヤクザモードな時の切り替えが素晴らしい。
六条の育ての親にして優秀な部下。
そしてユキのマンションの大家・中村裕一こと黒坂は遊佐さんです。
これがまた見事に二面性が出てて良い(笑)
大家さんの時はホントにいい人声で喋ってるんですよねー。
千葉さんもエリート警部補ってことで、そんなに可愛らしい声ではなく
ちゃんと男らしい受けで良かったです。

プリーズ・ミスター・ポリスマン!プリーズ・ミスター・ポリスマン!
竹内 照菜

竹書房 2005-05
売り上げランキング : 80538
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。